2021年 10月 23日 (土)

ドコモを名乗るフィッシング詐欺、被害は2日間で1億円 あり得ない!「うまい話」に騙されるな

   本物そっくりのサイトに誘導して個人情報を盗むフィッシング詐欺。魚釣りの疑似餌にちなんだ手口だが、NTTドコモを名乗るフィッシング詐欺が横行している。

   月末を狙ったのか、9月30日から10月1日のわずか2日間で、1200人に1億円もの被害が出た。いったい、なぜこれだけ多くの人がだまされるのか?

  • 詐欺師の「うまい話」にひっかかってはダメ
    詐欺師の「うまい話」にひっかかってはダメ
  • 詐欺師の「うまい話」にひっかかってはダメ

「ユーザー様に現金進呈サービスをしております」

   NTTドコモを騙る詐欺の頻発を報じるのはNHKニュース(10月2日付)「ドコモ名乗るフィッシング詐欺に注意を 被害は約1200人で1億円」だ。こう伝える。

「NTTドコモは、利用者のスマートフォンにドコモを名乗るショートメッセージが届き、不正にギフトカードなどを購入させるフィッシング詐欺の被害が発生したと発表しました。
9月30日から1日にかけて『ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。ご確認が必要です』などとドコモのお客様センターを名乗るショートメッセージが利用者のスマホに届いたということです。記載されたリンク先をクリックすると、不正なアプリのインストールを促され、4ケタの暗証番号を入力すると、気付かないうちにアップルのギフトカードなどを購入させられます。
会社では、何者かが暗証番号を悪用し不正にギフトカードを購入させるフィッシング詐欺だとしていて、被害はおよそ1200人、総額は1億円にのぼり、全額を補償することにしています。NTTドコモでは、身に覚えのない内容のメッセージを受信した場合は、リンク先をクリックして暗証番号などを入力しないよう、注意を呼びかけています」

   具体的にはどういう手口だったのか――。NTTドコモが10月2日に発表した「フィッシング詐欺への対策」によると、フィッシングSMS(ショートメッセージ)の本文の実例として、多くのケースを紹介している。

ドコモを名乗るフィッシング詐欺の手口(NTTドコモ公式サイトより)
ドコモを名乗るフィッシング詐欺の手口(NTTドコモ公式サイトより)

   たとえば、「NTTカード、dカード、d払い」関連では、

「不正なログインあったため、お客様のdアカウント停止されております。ご確認ください。https://docomn.******.top/」
「【d払い】お客さまがご利用の電話料金が大変高額になっております。ご確認が必要です。https://smt-dmk**.info/」
「dアカウントに登録いただいたお客様に、dアカウントの情報更新をお届けします。アカウント情報の一部が誤っている故に、 お客様のアカウントを維持するためdアカウントの情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください」

といった具合だ。

   また、NTTドコモから現金の配布や、支払いを免除するといった「うまい話」で誘う手口もある。もちろん、そんなことはあり得ない。

「日頃よりドコモをご利用頂きありがとうございます。申請がお済みでない会員様に自動配信しております。
【支援措置概要】
(1)〇月中に失効したdポイント[24,875円](メールにより金額は異なる)分を現金進呈します。
(2)サービス料金等のお支払いを免除します。
(3)学習支援のためにWi-Fiを無償提供します。
詳しくは、下記URLより案内をご覧ください」
「世界恐慌で混乱が続くなか、この度ドコモより支援金を配布する運びとなりました。[カンタン申請]で今すぐ支援金の受け取りが可能です。円滑な送金が出来ますよう、必ず【本日中】にお確かめいただきますようお願い申し上げます」
「コロナ対策補助金の配布=【ドコモ会員様限定】。ドコモでは会員様に少しでも快適な生活を送っていただくため、事態収束まで毎月【助成金配布】を決定いたしました。毎月総額【1億円】をd会員の皆様に限定配布させていただきます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中