2021年 10月 20日 (水)

最先端の「光技術」を有する浜松ホトニクスに注目!(北海道大学 とがぴさん)【企業分析バトル】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   今回は光技術を応用し、さまざまな製品を設計・開発している、東証1部に上場する浜松ホトニクス(6965)という企業を、分析していきたいと思います。

   光技術というとあまり馴染みがないかもしれませんが、LEDやレーザーなどの発光デバイス、光電子増倍管やフォトダイオードなどの受光デバイスが光技術を用いた製品になります。私たちがよく目にするLED以外にも、ヘルスケア、宇宙、自動車に至るまでさまざまな分野で光技術が用いられているのです。

  • 光技術の浜松ホトニクスに注目する!(写真はイメージ)
    光技術の浜松ホトニクスに注目する!(写真はイメージ)
  • 光技術の浜松ホトニクスに注目する!(写真はイメージ)

光に特化したニッチな製品が特徴的

   浜松ホトニクスの事業は電子管事業、光半導体事業、画像計測機器事業、その他事業の4つから構成されており、2020年9月期の売上高は前年同期比マイナス3.9%の1402億5100万円、営業利益は前年同期比マイナス14.4%の217億5200万円となっています。

   その売上高のうちそれぞれの事業が占める割合は以下のようになっており、光半導体事業と電子管事業が業績をけん引していることがわかります。

2020年9月期有価証券報告書より筆者作成
2020年9月期有価証券報告書より筆者作成

   これらの光デバイスは宇宙、通信、医療、バイオ、半導体などの分野で応用されており、それらの分野では必要不可欠な存在になっています。光電子倍増管の世界シェアは90%とで、ニュートリノの研究やXMASS実験など全世界の高エネルギー・素粒子実験に実績持っています。

   また、血液検査センサーでも世界1位のシェアを獲得しており、ニッチトップの典型的な企業と言えるでしょう。日本の売上高は全体の30%程度なのでグローバルに会社の技術が評価されている会社です。

2020年統合報告書より引用
2020年統合報告書より引用
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中