2021年 10月 23日 (土)

しわ寄せは女性に...... コロナ禍で雇用も給与も減少 「令和版所得倍増」の前途多難(鷲尾香一)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスの感染拡大に揺れた2020年。国税庁が9月29日に発表した「令和2年(2020年)分の民間給与実態統計調査」で、その雇用と所得の状況が浮き彫りになった。

   コロナ禍で平均給与は減少。なかでも雇用と所得への影響は、女性に重く圧しかかったといえそうだ。

  • 「富」の格差是正に強く抵抗する人たちがいる……(写真はイメージ)
    「富」の格差是正に強く抵抗する人たちがいる……(写真はイメージ)
  • 「富」の格差是正に強く抵抗する人たちがいる……(写真はイメージ)

雇用悪化、女性は2019年から55万人減

   2020年の1年を通じて勤務した給与所得者数は、前年比0.2%・10万人減少し、5245 万人となった。男性は同1.5%・44万人増の 3077万人だったが、女性は同2.5%・55万人減の2168 万人と、雇用の悪化は女性に大きく表れた=表1参照。

   平均給与(年収)は、前年比0.8%・3万3000円減少し、433万円となった。男性は同1.4%・7万5000円減少し、532万円。女性は1.0%・2万9000円減少して293万円と、男女ともに減少した。

   内訳をみると、平均給料・手当は0.7%増の369万円(男性は同0.1%増の449万円、女性は同0.4%増254万円)とともに増加したものの、平均賞与は同8.1%減の65万円(男性は同8.6%減の83万円、女性は同8.9%減の39万円)と大幅に減少しており、賞与の減少が平均給与の減少に影響している=表2参照。

   なお、給与所得者の平均年齢は46.8歳(男性46.8歳、女性46.7歳)で、平均勤続年数は12.4年(男性13.9年、女性10.1年)となっている。

   雇用業態別に見ると、正規の給与所得者数は前年比0.1%減少の3483万人で、男性は同1.3%増の2344万人、女性は同2.9%減の1138万人となった。平均給与は同1.5%減・7万7000円減の496万円で、男性は同2.0%減の550万円、女性は同1.3%減の384万円だった。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中