2021年 10月 17日 (日)

「ドコモ低価格プラン」にガッカリ! 格安スマホと組んでどこが値下げか? 狙いはシニア層の獲得とは...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「結局、価格は大手の横並びなのだなあ」

携帯電話料金の値下げに期待したが...(写真はイメージ)
携帯電話料金の値下げに期待したが...(写真はイメージ)

   一方、一般ユーザーからはこんな疑問の声が相次いだ。

「結局のところ価格は横並びなのだなあ。プランもほぼ一緒。もう少し競争が起きるといいのにね。楽天はその一石にはなったのだろうけど、認知度はともかく質が、ね」
「格安スマホはある意味『わかっている』客を相手にしてきたから、(接続が)遅くても許容されていたわけで、ドコモショップで売ってしまうと客とサービスのミスマッチから、みんなが損をする結果にならないでしょうか? ドコモショップに来る客は格安スマホなんて知らない人が多数派のはず。当然ドコモ品質を求めて来店する。そういう客に格安スマホを売ったらドコモショップは遅いと苦情を言いにこられるし、客としても求めるものと違って満足できないでしょう」
「(ソフトバンクの)LINEMOみたいなプランを期待していたのに残念。何が悲しくて混んでいるショップを予約してまで格安スマホを申し込むんだい? それこそネット申し込みで充分だろ? こんなの代理店の儲けにしかならないのに、知らない客を騙して契約しようとしているのがミエミエ。実際、NTTコムのOCNモバイルONEを使っているが、昼にモタつくわ、バッテリーが持たないわ、で最悪。解約しようと思っていたらこの発表、本当にムカつく」
「単純に、ahamoでの契約は保たれたままahamo内での低料金プランを出すことは難しいのでしょうか? povoにしても、せっかくauから変更手続きしたのに、わずか数か月でまた契約し直さなきゃならないプランとして、新たに出されても...。支払い方法までクレジットカード限定だとか、今までの支払い方法も引き継げないだなんて、なんだか選択肢が増えるのはよいことかもしれませんが...。なぜ、こんなに複雑にするのだろうと思います」

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中