2021年 12月 1日 (水)

「イカゲーム」か「ノー・タイム・トゥ・ダイ」か?「巣ごもり需要」後の世界を虜にするのはどっち?(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   米動画配信サービス・ネットフリックスの「復活」が話題です。

   先日発表された2021年7~9月期の決算では、有料会員数が440万人も増加! 純利益が前年同期比83%増と、売り上げも順調に増えています。

   けん引役とされる韓国制作ドラマ「イカゲーム」は、同社の記録を塗り替える大ヒットとなり、世界中でファンが急増中。一方、久しぶりに映画館での鑑賞を楽しめる「007」の新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」も出足は好調の様子。コロナ禍の「巣ごもり需要」がひと段落した今、勝利の女神はどちらに微笑むのでしょうか?

  • 大人気の韓国制作ドラマ「イカゲーム」(NETFLIXの公式サイトより)
    大人気の韓国制作ドラマ「イカゲーム」(NETFLIXの公式サイトより)
  • 大人気の韓国制作ドラマ「イカゲーム」(NETFLIXの公式サイトより)

記録づくしの「イカゲーム」、英語では何て言うの!

   韓国で制作したドラマ「イカゲーム」が大ヒット中です。配信元のネットフリックスは、コロナ禍の「巣ごもり需要」がひと段落して会員拡大のペースが落ち込んでいましたが、「イカゲーム」の配信が始まったとたん、新規会員が急増して見事「復活」を遂げました。

   「イカゲーム」は、借金を抱えた主人公らが賞金と生き残りをかけて競うドラマです。緻密なマーケティング戦略が功を奏して、これまで韓流ドラマや韓流スターなど「韓流もの」に関心が薄かった欧米ファンが急増し、中核市場である北米市場で人気を博したことが成功の要因だとされています。「イカゲーム」のメガトン級の大ヒットぶりを、各国メディアが興奮気味に伝えています。

'Squid Game' takes world by storm
(「イカゲーム」が世界中を魅了している:ロイター通信)
Squid1:イカ
Take~by storm:急襲して奪う、魅了する、虜(とりこ)にする

   「イカゲーム」の原名は「Squid Game」。そのまま日本語に訳しただけのようですが、あまりにも芸がないので、いっそのこと「Squid Game」の方が万国共通に通じるのでよかったのではないかと思ってしまいました。

   とにかくこの「Squid Game」の人気は「半端ない」らしく、2021年9月に全世界で同時配信されて以来、一気に人々の心をわしづかみにしているようです。

'Squid Game is Netflix's 'biggest ever' series launch
(「イカゲーム」はネットフリックスの史上最大の視聴者数となっている:米CNN)

   配信開始後のたった4週間で、全世界で日本の人口を上回る1億4200万世帯が「Squid Game」を視聴したと報じられていますが、劇中で登場する衣装が今年最も人気の高いハロウィーン衣装になると予想されていることからも、「Squid Game」の人気はまだまだ拡大しそう。全世界的な社会現象になるかもしれません。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中