2021年 12月 1日 (水)

円全面安! 首位、一橋大突き放す 慶大はスキャルピングで勝利、明大は英ポンドに救われる?(第21節)【FX大学対抗戦 Bグループ】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   今週(2021年10月11日週)は、15日に米ドル円が約3年ぶりに1ドル=114円台に乗ったように、クロス円でも円が全面安となった。原油価格の上昇などが原因だが、円安傾向は現在も続いている。

   そうしたなか、一橋大学のボンゴレさんが保有していたニュージーランドドルとメキシコペソが約定されて、大勝! 「米ドル円を中心に円安傾向がどのクロス円でも進んでいることを考えると、もう少し高めに指値を設定してもよかったかなと思っています」と、ちょっと色気をみせる。

   慶応義塾大学の2Gさんは、多忙の中の隙間時間で、久しぶりにスキャルピングに挑戦。これが功を奏して利益を積み上げた。「感覚では、意外と覚えていたようだ」と振り返る。苦戦したのは明治大学の佐藤諒さん。取引は不発に終わったが、保有する英ポンドに救われた。「来週は上昇トレンドがいつまで続くかに注目したいと思います」と、気持ちを切り替える。

   早稲田大学のNAKAMURAさんと同志社大学のFOXさんは、多忙のため取引をお休みした。

  • 一橋大学が大勝! 独走態勢に入るか……
    一橋大学が大勝! 独走態勢に入るか……
  • 一橋大学が大勝! 独走態勢に入るか……

久しぶりのスキャルピング(慶応義塾大学 2Gさん)

   FX大学対抗戦21週目。今週(10月11日週)もあまり時間がとれなかったので、しっかりと取引に臨むことができなかった。このままでは、ただ分析するだけで終わってしまうので、久しぶりにスキャルピングを試みた。

   感覚では、意外と覚えていたようで、想定していたよりも良い結果となった。10月12日昼に隙間時間を利用してスマホでトレードしたのだが、合計6600円のプラスとなった。最近、平日はなかなか時間がとれない状況が続いているので、この問題を解決したい。

   さて、今回もふだんと同様に今週の流れと今後の動きを整理したい。

◆ 今週の流れ
10月11日週は、ドル円が買われた。週初の1米ドル=112円台から週末には114円台へと上昇。ここ1か月では約5円の大幅上昇となった。この週に発表された米消費者物価と生産者物価はいずれも高い伸びを維持しており、市場にはインフレが予想よりも長期化するとの見方が広がった。

米ニューヨーク原油は1バレル=82ドル台をつけたあと、調整に押されたが、再び買われている。インフレ警戒を象徴する動きとなっている。週初は売りに押された株式市場だが、次第に買いが優勢になっている。米債利回りは10年債が1.60%近辺でピークアウトし、低下傾向を示している。

ドル円以外の主要通貨ではドル売りが優勢となり、ドル指数は低下。クロス円も押し上げられた。円相場は総じて円安が進行。IMF(国際通貨基金)が世界経済見通しを引き下げた。供給ボトルネックやインフレ警戒が懸念されている。
市場では高インフレの下での成長鈍化でスタグフレーションとの声もでてきた。米金融当局が11月からのテーパリング(量的緩和の縮小)開始に突き進む一方で、その他、中央銀行はやや慎重な姿勢をみせている。金利差やリスク動向など複合的な要因が重なってドル円は上昇したように思われる。

◆ 今後の動き
いまの市場のテーマは世界的なインフレだが、サプライチェーン問題や人材不足、そして、コモディティ価格の高騰が予想以上に深刻で、高インフレの状況が想定以上に長引くのではとの警戒感が高まっている。
その分、景気の先行きへの期待感が高ければよいのだが、そうでもなく、エコノミストのあいだでは成長見通しを下方修正する動きも出ている。中国経済も不透明感一杯で、なかにはスタグフレーションを警戒する声もあるようだ。

岸田文雄政権は成長も分配も、をスローガンに「新しい資本主義」と題した経済政策の方針を打ち出している。パンデミック対策を中心に、さっそく数十兆円規模の経済対策を打ち出す意向のようだ。ただ現状では、市場の反応はいま一つの印象。各国はインフレに敏感になっているが、なぜか日本はまだデフレから完全に抜け出せておらず、利上げはおろか、日本銀行の緩和解除はまったく見通せない状況にある。

もっとも、ドル円にとってはありがたい状況とも言える。一部からは、今後15か月、来年末にかけてドル円は120円まで上昇する可能性も指摘され始めているようだ。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
2020年に主要国が10兆円規模の金融緩和を行った影響がインフレとなって返ってきています。それに加えて、天候問題やサプライチェーンの影響でよりインフレが加速するという悪循環が出ており、2022年には経済へのブレーキとなることが考えられます。
特に、政治問題で円売りとなり、インフレ体制のない日本は非常に厳しい状態に置かれるのではないでしょうか。それを考えると、ドル円120円という水準は当然のなのかもしれません。「悪い円安」というキーワードが出てきていますが、それ時点も過去10年でほとんど聞いたことがありません。異例だった新型コロナウイルスの感染拡大の影響が、パンデミックの終息とともに反動となって表れているのかもしれません。

前週からの損益   プラス6600円
10月15日現在   119万200円

慶応義塾大学 2G
慶応義塾大学 2G
慶応義塾大学商学部2年。FXは高校生の頃に少し触ったが、損失が膨らみ休止。今回のFX大学対抗戦を機に学び直し、利益を出せるように励んでいきたい。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中