2021年 12月 3日 (金)

株価はレンジ相場、衆院選で様子見気分か? ドルは上値重く......(10月25日~29日)【株と為替 今週のねらい目】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京株式市場の日経平均株価は3万円の大台を前に足踏み。世界的な原油高や米国の長期金利や株価の動向、中国の不動産業界の債務問題に揺れている。ドル円相場も、急激な円安ドル買いが収まりつつあり、1ドル=114円台に乗るとドル売り圧力が強まっている。

   一方、衆院選は2021年10月31日に投開票日を迎える。市場はますます様子見気分が高まりそうだ。どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 米国の長期金利や株価の動向に右往左往……(写真は、ホワイトハウス)
    米国の長期金利や株価の動向に右往左往……(写真は、ホワイトハウス)
  • 米国の長期金利や株価の動向に右往左往……(写真は、ホワイトハウス)

東京株式市場 企業の中間決算がスタート

日経平均株価予想レンジ:2万8400円~2万9500円

2021年10月22日(金) 終値 2万8804円85銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、レンジ内でのもみ合いか。

   前週の日経平均株価は、反落した。終値では2万9000円を割り込んだ。米国株が堅調に推移した半面、日経平均株価は2万9000円を超えた水準では、戻り売り圧力も強かった。また、今週からスタートする企業の9月期決算や、月末の衆議院選挙を控え、様子見気分も強かった。

   今週の日経平均株価は、レンジ内でのもみ合いとなりそうだ。企業の9月期中間決算が始まることに加え、月末の衆議院選挙を控え、様子見気分が強まる可能性もある。

   また、企業決算の動向次第だが、個別株物色を中心とした取引が中心になる可能性もある。ただ、引き続き米国の景気動向や米国株の動向、米長期金利動向に左右される面は強く、米国の経済指標や市場動向には注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中