2021年 11月 27日 (土)

投票率76.6%! コロナ禍で郵便投票が急増 ドイツ総選挙を数字で振り返る【1】(高橋萌)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本も選挙の秋を迎えますね。

   ここドイツでは2021年9月、4年に一度の連邦議会選挙(総選挙)が行われたばかりです。アンゲラ・メルケル首相が引退を表明したので、16年続いた長期政権に終止符が打たれることとなり、ドイツは転換期を迎えています。

  • 今回の選挙で第1党を勝ち取った社民党(SPD)のオラフ・ショルツ党首
    今回の選挙で第1党を勝ち取った社民党(SPD)のオラフ・ショルツ党首
  • 今回の選挙で第1党を勝ち取った社民党(SPD)のオラフ・ショルツ党首

選挙で投じられた一票は文字どおり国民の「Stimme」

   まだまだ新型コロナウイルスの感染拡大の影響で課題は山積み。不透明感の強いドイツの明日の舵取りという難しい仕事を誰に任せたいか、世論調査は選挙期間中も揺れ続け、開けてみるまでわからない大混戦の様相を呈していました。

   結果は、メルケル首相のキリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)を抑え、オラフ・ショルツ財務相が率いる社民党(SPD)が第1党に躍り出ました。とはいえ、単独過半数に達することはできず、現在は連立交渉中。新政権の発足、そして新首相の任命にはまだ時間がかかりそうです。

連邦議会選挙、第2票(比例代表)の結果。社民党(SPD)が第1党で得票率25.7%、キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)は合わせて24.1%。薄い色は前回(2017年)の結果。
連邦議会選挙、第2票(比例代表)の結果。社民党(SPD)が第1党で得票率25.7%、キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)は合わせて24.1%。薄い色は前回(2017年)の結果。

   選挙で投じられる「票」をドイツ語では「Stimme(シュティメ)」と言います。そしてこの「Stimme(シュティメ)」という言葉には、「声」という意味もあります。

   選挙の票はまさに国民の声。この国で外国人として暮らしている私は、自分の「声」を届けることはできません。でも、政府の決定が生命と生活の安全に直結することをコロナ禍で十分に実感したので、いつもよりさらに前のめりでニュースを追っていました。

   その中で目にした、「投票率76.6%!」「立候補したのは全47政党から6211人!」という数字。選挙って、こんなに身近なものなんだ......と衝撃を受けました。

   10月15日、2021年ドイツ連邦議会選挙の最終結果が報告されたので、今回はドイツの投票率と有権者にスポットライトを当ててみましょう。

高橋 萌(たかはし・めぐみ)
高橋 萌(たかはし・めぐみ)
ドイツ在住ライター
2007年ドイツへ渡り、ドイツ国際平和村で1年間の住み込みボランティア。その後、現地発行の日本語フリーペーパー「ドイツニュースダイジェスト」に勤めた。元編集長。ドイツ大使館ブログでは「ドイツ・ワークスタイル研究室」を担当。サッカー・ブンデスリーガ大好き。日本人夫とバイリンガル育児に奮闘中。
Twitter: @imim5636
神木桃子(こうぎ・ももこ)
神木桃子(こうぎ・ももこ)
ドイツ在住ライター
島根県生まれ、東京・多摩育ち。物事の成り立ちを知りたいと大学では有機化学を専攻。小売業界でのオーガニック製品や地域産品のバイヤーを経て、2014年よりドイツに移住。「もっと心地よくグリーンな暮らしへ」をテーマに、ドイツのマーケット情報やトレンド、ライフスタイルについて執筆活動中。3歳になる娘と日本人の夫との3人暮らし。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中