2021年 12月 6日 (月)

ファミマ、PBの名称を「ファミマル」に統一 「食べたらファミマのほうがおいしい」の声にイメージ戦略見直しを決断

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ファミリーマートが、プライベートブランド(PB)の名称統一に動いた。

   「お母さん食堂」や「ファミリーマートコレクション」を、2021年10月19日から「ファミマル」に統一し、そのほかの「中食商品」なども新PBに統合していく。

  • ファミリ-マートの統一PB名が「ファミマル」になった
    ファミリ-マートの統一PB名が「ファミマル」になった
  • ファミリ-マートの統一PB名が「ファミマル」になった

810種類が「統一PB」に!

   PBは、メーカーが自前のブランドで製造して全国的に販売するナショナルブランド(NB)と違い、小売チェーンなどが自社だけで販売する独自商品。といっても、多くはNBのメーカーと共同で開発し、委託生産するもの。商品の中身を若干変えるとしても、小売りチェーンの販売力を背景に、NBより大幅に安いのがセールスポイントだ。

   ただ、近年は独自開発のオリジナリティあるPBも増え、たとえば、おにぎりやスイーツなどの食品は、各小売りチェーンが特徴ある商品開発にしのぎを削っている。

   ファミマはこれまで、日用品や菓子、加工食品の「ファミリーマートコレクション(ファミコレ)」、総菜や冷凍食品の「お母さん食堂」、高付加価値帯の「お母さん食堂プレミアム」の3ブランドを展開してきた。

   今回、ファミコレを「ファミマル」、お母さん食堂に、ファミマのロゴだけを記していた弁当、サンドイッチ、麺類など中食商品を加えて「ファミマルKITCHEN」、お母さん食堂プレミアムを「ファミマルKITCHEN PREMIUM」として、22年春までに整理・統合する。ファミマル約350種類、ファミマルKITCHEN約450種類、ファミマル KITCHEN PREMIUM約10種類の合計約810種類が統一PBなる。

   名称だけでなく、基本のロゴに、ひと目でファミマとわかる青・緑・白のブランドカラーを使用するとともに、中身を真上から撮り、「ファミマル」のイメージに合わせた円(マル)をデザインした統一感のあるパッケージを採用。売り場全体でアピールし、ブランドの浸透を図っていくという。「国産米100%使用」「生乳仕立て」「直火二度焼き製法」など特徴がわかる丸いアイコンも採用した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中