2021年 12月 8日 (水)

大躍進! 日本維新の会でわかった「有権者は改革を求めている」 「自滅」自民に野党共闘共倒れのワケ?(城繁幸)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2021年10月31日、第49回衆議院議員選挙が行われ、与党自民党は公示前の276議席から減らしはしたものの、絶対安定多数の261議席をキープした。

   かたや、事前調査で党勢拡大が期待されていた立憲民主党はまさかの14議席減、共産党も2議席減となり、「野党共闘路線」は完全に有権者から「NO!」と突き付けられた形となった。

   自民党と野党第一党(及び共闘した共産党)がともに議席を減らす一方で、躍進したのが第3極の日本維新の会だ。30議席増の41議席と、自民、立民につぐ第3党に躍り出た。もはやローカル政党ではなく立派な全国区政党と言っていいだろう。

  • 第49回衆院選で日本維新の会が大躍進! そのワケは……
    第49回衆院選で日本維新の会が大躍進! そのワケは……
  • 第49回衆院選で日本維新の会が大躍進! そのワケは……

唯一「改革」を前面に押し出した維新の会

   とはいえ、各党がマニフェストを公開した段階で、すでに予兆はあった。各党が無難なバラマキ政策に終始するなか、維新のそれは異様なまでに改革を前面に押し出し、既存制度との全面対決をアピールするど派手なものだった。

   他党はほぼ「国がお金出して重要産業を伸ばして経済成長させます」といった親方日の丸な内容だが、維新だけは「規制緩和で民間の活力を伸ばします」といった内容だ。

   ちなみに、筆者が常に主張している「解雇規制緩和による労働市場の流動化」もきちんと明記してある。

   従来から維新のマニフェストは攻めてはいたが、ここまでアクセルをふかしてはいなかったように思う。よほどの勝算があると踏んでいたのだろう。

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中