2021年 12月 7日 (火)

一橋大、メキシコペソで突き放す! 明大はユーロ円で利益も同志社大は週末に悔しい負け(第23節)【FX大学対抗戦 Bグループ】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   今週(2021年10月25日週)は「上昇相場は終了」。そう読んだ明治大学の佐藤諒さんはユーロ円の売りポジションを保有。予想どおり上昇しなかったものの、「期待していたものではありませんでした」とがっかり。ただ、きっちりプラスは確保した。

   一橋大学のボンゴレさんは、メキシコペソでスワップポイントをコツコツ獲得。利益を重ねた。首位を固めて、独走状態に持ち込む。同志社大学のFOXさんは、週末にかけて負けてしまった。「月末の動きからか、いつもとは少し感覚的に変わった動きをしていた気がしする」と、相場の動きに対応できなかったことを悔やむ。

  • 一橋大学がコツコツ積み上げ、引き離す
    一橋大学がコツコツ積み上げ、引き離す
  • 一橋大学がコツコツ積み上げ、引き離す

ユーロ円を売りも期待外れに......(明治大学 佐藤諒さん)

   今週(2021年10月25日週)は上昇相場が終了と睨んで、EUR/JPY(ユーロ円)のショート(売り)を行いました。予想どおり上昇しなかったものの、期待していたものではありませんでした。今週は思った方向に大きく動いてくれなかったので、取引は1回しかありません。

   ◆ 取引 10月25日17時25分 EUR/JPY 売り → 10月30日0時5分に決済

   エントリー理由としては三尊のような形を作り、高値を切り下げていた状態での意識されている価格帯をブレイクしたように見えたからです。しかし、下がり続けることはなくヨコヨコで推移となりました。

   また、決済理由は長い間レンジ相場で下抜けを期待できなかったことと、週末の持ち越しを避けるためです。この結果は1万5000円のプラスです。

   プラスで終われて良かったと思う反面、レンジ相場と予想できていれば、何回も上下を取ることができたので、毎回どちらかに大きく動くのを期待しないほうが良いのかもしれないと思いました。

   チャート図が取引したEUR/JPYの1時間足チャートです。

   次週も継続してEUR/JPY(ユーロ円)をショートしようと考えましたが、英ポンド円のほうが、チャートが綺麗だったので、来週はそちらをショートしようと思います。

   「綺麗」というのは、トレンドラインや水平線が引けたり、有名なチャートパターンを形成したりしているものを指しています。

   チャート図がポンド円の1時間足チャートです。高値を切り下げて、毎回同じ価格帯で反発しています。これは下落圧力の方が強いことを表しています。

   このことから、次週は英ポンド円をショートしたいと思います。少しでもリスクを減らすために指標等もしっかり見ていきたいと思います。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
ユーロ円は少し難しい週だったかもしれません。前週の静岡の選挙結果を受け、市場では自民党が大きく議席を減らすのではないかという予想が台頭。岸田政権が短命に終わる化膿性も見越して株が上がりやすくなっていました。日経平均とドル円が強い地合いでは、リスクオン相場が多くユーロ円が強くなりやすいことを覚えておくとよいでしょう。

前週からの損益   プラス1万5000円
10月29日現在     120万5000円

明治大学 佐藤諒(さとう りょう)
明治大学 佐藤諒(さとう りょう)
明治大学商学部2年。投資歴2年。よくトレードするのはUSD/JPY(米ドル円)。東京在住です。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中