2021年 12月 1日 (水)

インバウンド回復に向けた一手 コロナ時代を乗り切る「中国向け越境EC」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、訪日外国人によるインバウンド需要は大きな打撃を受けている。

   入国制限が続くなか、中国人観光客向けビジネスを展開するインタセクト・コミュニケーションズ(東京都千代田区)は、日本の産品を中国へと届ける「越境EC」に好機を見出した。J-CAST会社ウォッチは2021年10月、現状と今後の展望を譚玉峰社長に聞いた。

  • 越境ECに好機を見出したインタセクト・コミュニケーションズ(写真は、譚玉峰社長)
    越境ECに好機を見出したインタセクト・コミュニケーションズ(写真は、譚玉峰社長)
  • 越境ECに好機を見出したインタセクト・コミュニケーションズ(写真は、譚玉峰社長)

越境EC市場は拡大傾向にある

   インタセクトはもともと、WeChatPayなどが使える決済システム「IntaPay(インタペイ)」を展開していて、SNSでのインフルエンサーを起用したインバウンドプロモーションなどを通して、「旅マエ」の情報収集から、来日後のプッシュ広告などによる「旅ナカ」、帰国後にEC誘導や再訪を促す「旅アト」まで、訪日客をターゲットにした集客支援をワンストップで扱ってきた。

   そこに襲ってきたのが、コロナ禍だ。日本政府観光局(JNTO)が発表している訪日外客数によると、2020年の訪日中国人観光客は約86万5000人。前年(約857万5000人)に比べて、89.9%減となった。

   国を越えた往来が困難になった一方で、いわゆる「巣ごもり需要」は対中国でもあるようだ。経済産業省が21年7月に公表した「令和2(2020)年度 産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」の結果によると、中国消費者による日本事業者からの越境EC購入額は、20年に1兆9499億円。前年比17.8%増と、市場は拡大しつつある。

   そこでインタセクトが着目したのが、越境EC事業だ。6月には京都中央信用金庫(京都市)とともに、ECモール「京都優品跨境商城」をスタート。インバウンド市場で培ったノウハウは、越境EC事業にもつぎ込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中