2021年 12月 3日 (金)

国産スマホ「バルミューダフォン」はiPhoneを超えられるか!? 「価格が...」「デザインが...」と残念がる声

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   世界でも珍しく「iPhone」の一人勝ちの状態が続いている日本のスマートフォン市場の「アップル帝国」に挑戦する会社が現れた。

   「おしゃれ家電」で知られるバルミューダ(東京都武蔵野市。寺尾玄社長)が2021年11月16日、自ら開発した「バルミューダフォン」の販売を発表したのだ。 携帯電話・スマホからの撤退が相次ぐ国内企業としては、久々の快挙である。しかし、スマホユーザーからは冷ややかな声が聞こえる。バルミューダフォンはiPhoneを超えることはできるのか!?

  • コンパクトなサイズのバルミューダフォン(公式サイトより)
    コンパクトなサイズのバルミューダフォン(公式サイトより)
  • コンパクトなサイズのバルミューダフォン(公式サイトより)

画面小さめ、持ちやすい大きさ

巨象アップルに挑戦するバルミューダの寺尾玄社長(公式サイトより)
巨象アップルに挑戦するバルミューダの寺尾玄社長(公式サイトより)

   バルミューダは、元ロックミュージシャンの寺尾玄社長が2003年に起業した「おしゃれ家電」として知られる会社だ。

   寺尾氏はミュージシャンの夢をあきらめた後、「ものづくりの道」に目覚め、秋葉原電気街に通ったり、町工場で働いたりしながら独学でプロダクトデザインを身に着けた。そして、ユニークなデザインの扇風機やトースターなどが大ヒット、昨年(2020年)東証マザーズに上場した。そんな寺尾氏がスマートフォンの世界に進出したわけだ。

   バルミューダの公式サイトや主要メディアの報道によると、11月16日に発表した「バルミューダフォン」は同社が開発し、京セラが生産を担当する。通信業者で販売するのはソフトバンクのみで、価格は14万3280円(税込み)。バルミューダのオンラインストアで買える10万4800円のモデルもあるが、いずれも安い買い物ではない。11月17日から予約開始、26日から発売する。

   高速通信規格「5G」に対応しており、基本ソフト(OS)はアンドロイドだ。ユニークなデザインの会社らしく、人の手になじむ曲線が特徴。背面には河原の小石をイメージした凸凹の加工が施してある。いまや6インチの画面が一般的で大きい端末が増えるなか、持ちやすいようとあえて画面を4.9インチに小さくした。

   スマホの国内のシェアは、米国アップルが45%を占め、韓国サムスン電子が約10%、中国オッポが約6%と、日本勢はどんどん減少している。海外メーカーに押され、日本のメーカーではNECやパナソニックが国内スマートフォン事業から撤退したほか、富士通も携帯電話事業を投資ファンドに売却するなど苦戦を強いられてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中