2021年 12月 3日 (金)

ビットコイン乱高下も同志社大は継続保有 明大はイーサリアム売却で資産2万円乗せ、職業大は静観(第25節)【暗号通貨バトル Aグループ】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ビットコイン相場が荒れ模様。1BTC=700万円を突破して最高額を更新。どこまで上がるのかと思われたが調整が入って下落した。こうした状況にも、同志社大学のしがないトレーダーさんは、「半年前のような売りが強すぎる暴落は見られない」と判断。9月に買ったビットコインを継続保有する。

   一方、保有するイーサリアムを全額売却したのが、明治大学の城正人さん。「相場もかなり加熱感が出してきた」と見て、ここは一たん利益を確定。再び、投資のチャンスをうかがう。職業能力開発総合大学校のさっちんさんは、前週に保有するビットコインを売却。今週(2021年11月8日週)は静観した。

  • ビットコインの乱高下で明暗が……
    ビットコインの乱高下で明暗が……
  • ビットコインの乱高下で明暗が……

イーサリアムを全額売却!(明治大学 城正人)

◆ 今週(11月8日週)の出来事
まずTaprootの実装は無事完了しました。大幅な事実売りもなく、かなり拍子抜けしました。そして次に、ENSのドメインを取得していた人へのENSトークンの配布がありました。かなりの額配布された方も多いようです。そこで今回は「ENSとは何か」についてフォーカスしていきたいと思います。

【ENSとは】
ENSとは「Ethereum Name Service」の略で、イーサリアム上のドメインです。
まず一般的なドメインとしては「〇〇.com」や「〇〇.co.jp」のようなものがあげられます。ENSは、このドメインのイーサリアムバージョンだと考えていただくとわかりやすいでしょう。ENSの場合では「〇〇.eth」という形式で表されます。
それでは、なぜイーサリアムに「ドメイン」が必要となるのかについてです。現状イーサリアムアドレスやコントラクトアドレスは0~Fまでの16進数で表された42文字によって表されます。
しかし、これでは送金に利用する際などが入力間違いを引き起こしてしまいかねません。さらに、なんだかとても味気ないです。しかし、ENSを利用しドメインとアドレスを関連付けることで「google.eth」など、人間が理解できる形式で表現することができます。
このアドレスは企業が商標でアドレスを取得してウェブサイトを構築したり、インフルエンサーが自分の名前で取得して投げ銭を暗号資産で受け取ったりすることが考えられます。
そして、そのドメインの管理を行う組織が発行する「ガバナンストークン」が今回、ドメイン保有者に配布されたENSトークンというわけです。

【ENSトークンについて】
それでは、今回配布されたENSトークンについて注目して見ましょう。
ENSトークンは先ほどのとおり、ドメインを管理する組織「ENS」のガバナンストークンです。ガバナンストークンは、組織の運営方針などの投票に利用されます。総発行枚数は1億ENS、そして初期のトークン割当は、DAOコミュニティ50%、エアドロップ(今回)25%、コミュニティへの貢献者25%と発表されています。
エアドロップ分以外は、多くがロックアップがかかっており、残りのトークンは4年間かけてロックアップが解除されていきます。現在およそ50ドルで時価総額はおよそ5500億円。イーサリアムの時価総額が60兆円程度です。100分の1程度の時価総額と考えると、まだまだ割安との見方もできるかもしれません。

◆ まとめ
ENSについてフォーカスしてきました。相場もかなり加熱感が出してきたことですし、長く保有し続けていたイーサリアム(ETH)は今週すべて売却しました。この後、ビットコイン(BTC)が下がった際には購入しようと考えています。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
イーサリアムの利益確定のタイミングとしては、素晴らしい結果となりましたね。コメント時点でのイーサリアムの価格は46万円台と1か月前の水準に戻ってきました。高値から10%以上下落し、ちょうど良い調整安が入っているといえそうです。
さて、イーサリアム上のドメインの誕生ということで、よりブロックチェーンが身近なものになってきました。ネットインフラが少しずつブロックチェーンに入れ替わりつつあることが分かります。NFT(非代替性トークン)もDeFi(中央管理者を必要としない分散型金融)もそれらの源泉にはイーサリアムがあります。実生活に近いサ-ビス誕生の動きはますます加速するでしょうし、まだまだ下がったところは買いが入りやすいかもしれませんね。

前週からの損益   プラス155円
11月12日現在      2万52円

明治大学 城正人(じょう まさと)
明治大学 城正人(じょう まさと)
経営学部2年。明治大学投資サークルBreakouts!に所属。暗号資産が今後の社会に与える影響に魅力を感じ手当たりしだい勉強中。これまで暗号資産のトレード経験はほぼなくETH(イーサリアム)ガチホを続けてきました。ポテンシャル、技術の面を中心にそれぞれの通貨の特徴を見極めて投資していきたいと思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中