2022年 5月 17日 (火)

世界中をパニックに陥れた「オミクロン株」! 「時間稼ぎ」の水際対策に「ウイルスはまだ疲れていない!」(井津川倫子)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   先日、南アフリカが新型コロナウイルスの新しい変異株「オミクロン」を検出したと発表し、世界中に衝撃が走っています。各国が相次いで南アフリカや周辺国からの渡航を停止する「水際対策」に動きましたが、専門家は「時間稼ぎにすぎない」と厳しい指摘。日本を含む23の国で感染が確認されるなど(2021年12月2日時点)、オミクロン株の脅威は増すばかりです。

   「水際対策」で侵入を防げるのか。オミクロン株をめぐる世界の動きを、最新の英語でお伝えします。

  • 新型コロナウイルスの新たな変異株「Omicron」の恐怖(画像はイメージ)
    新型コロナウイルスの新たな変異株「Omicron」の恐怖(画像はイメージ)
  • 新型コロナウイルスの新たな変異株「Omicron」の恐怖(画像はイメージ)

「Omicron」の発音は「オムクロン」?

   それにしても、あっという間の展開でした。

   南アフリカがオミクロン株を検出したと発表したとたん、ワクチン効果で通常モードに戻りかけていた人々の気持ちや社会活動が一気に非常事態に逆戻り。正体が分からないだけに恐怖心が先行しているようですが、さすが超大国米国でもオミクロン株の感染が確認されたというニュースには、新型コロナウイルス感染拡大初期の悪夢がよみがえってきて、背筋が寒くなりました。

   First US case of Omicron Covid variant identified in California
(米国で最初の新型コロナウイルス・オミクロン変異株の感染者が、カリフォルニア州で確認された:英紙ガーディアン)
variant:変異株
identified:確認された

   オミクロン株の綴りは「Omicron」です。英国と米国では発音が違うという説がありますが、英BBC放送のキャスターは「オムクロン」と発音しているように聞こえました。

   変異株「variant」の発音は「ヴァリアント」「Omicron」がすっかり有名になったので、わざわざ「Omicron Covid variant」「新型コロナウイルス・オミクロン株」とフルネームを使わなくても、「Omicron」だけで十分通じます。

   わずか1週間足らずで、世界中で知らない人はいないくらいに有名になった「Omicron」ですが、まだその正体は未知のままです。感染力は強いようですが、重症化するリスクやワクチン接種の効果については不透明な部分が多く、不気味さが漂います。

   Much remains unknown about the variant and how it responds to vaccines.
(変異株やワクチンに対する反応については未知の部分が多いままだ)
remain unknown:知られていないまま
responds to vaccines:ワクチンへの反応、ワクチンの効果

   新型コロナウイルスの権威・米国大統領主席医療顧問のファウチ氏ですら、「オミクロン株については、現時点では分かっていること(answers)よりも分からないこと(questions)の方が多い」と発言しているほどですから、正体が化学的に解明されるまでしばらく時間がかかりそうです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中