2022年 1月 23日 (日)

オミクロン株に厳重警戒も、株式市場は年末相場へ「掉尾の一振」の期待(12月20日~24日)【株と為替 今週のねらい目】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年最後のイベント、米FOMC(米連邦公開市場委員会)を通過したことで、株式市場はいよいよ年末相場へと向かって行く。「掉尾(とうび)の一振」への期待が膨らむなか、外国人投資家はクリスマス休暇に突入する。

   一方、米国の量的緩和の縮小(テーパリング)が加速される方向に動き出すことで、米国の長期金利が上昇すれば、米ドルは再び上昇する可能性は高まる。

   引き続き、欧米などで感染が広がる新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」には、厳重警戒。どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 米FOMCを終え、株式市場はいよいよ年末相場に……(写真は、米ホワイトハウス)
    米FOMCを終え、株式市場はいよいよ年末相場に……(写真は、米ホワイトハウス)
  • 米FOMCを終え、株式市場はいよいよ年末相場に……(写真は、米ホワイトハウス)

東京株式市場 FOMC通過、手掛かり材料に乏しく......

日経平均株価予想レンジ:2万8000円~2万9100円

2021年12月17日(金) 終値 2万8545円68銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、もみ合いか。

   前週の日経平均株価は、米国がFOMC(米連邦公開市場委員会)で量的緩和の縮小(テーパリング)の加速を決定し、2022年に3回の利上げを見込んだことで乱高下し、ボラティリティ(変動率)の高い展開となった。

   英国中央銀行が予想外の利上げを実施したことも、相場の重しとなった。ただ、日経平均株価は週ベースでは100円超の続伸となった。

   今週の日経平均株価は、年末までの最大のイベントだった米国のFOMCを通過したことで、手掛かり材料に乏しいなか、もみ合いとなりそうだ。

   外国人投資家もクリスマス休暇入りすることで、年末相場の「掉尾(とうび)の一振」(株価が年末にかけて上昇するといった株式相場の格言)が期待される半面、薄商いになる可能性もある。ただ、年末にかけでIPO(株式の新規公開)が相次ぐ。需給面では、IPOが相場の重しになるとの見方もある。また、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の動向にも注意が必要。手掛かり材料が乏しいだけに、米国株や米国の金利動向には注目したい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中