2022年 1月 22日 (土)

株価、大納会へ「お化粧買い」期待もオミクロン株の感染拡大に油断禁物(12月27日~30日)【株と為替 今週のねらい目】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   外国人投資家がクリスマス&ニューイヤー休暇に突入したことで、株式や為替相場は薄商いの状況。そうしたなか、欧米での新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大が懸念される。国内でも東京や大阪、京都などで市中感染が確認された。

   その半面、相場を下支えしそうなのが、コロナ経口薬の認可承認がはじまっていること。感染拡大への警戒感が薄れれば、ドルは引き続き堅調に推移するはずだ。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

   どうなる!? 2022年!!

  • 活気はいつ戻る...... 2021年も新型コロナウイルスの感染拡大に明け暮れた
    活気はいつ戻る...... 2021年も新型コロナウイルスの感染拡大に明け暮れた
  • 活気はいつ戻る...... 2021年も新型コロナウイルスの感染拡大に明け暮れた

東京株式市場 コロナ経口薬の認可、相場の支援材料に

日経平均株価予想レンジ:2万8000円~2万9200円

2021年12月24日(金) 終値 2万8782円59銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、薄商いのなか、上値を試す展開か。

   前週の日経平均株価は、米国株の上昇などを背景に3週続伸した。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の重症化率が低いとの見方や、経口薬の認可などが相場の支援材料になった。

   今週の日経平均株価は、薄商いのなか、上値を試す展開となりそうだ。外国人投資家がクリスマス休暇入りし、参加者が減少しているものの、30日の大納会に向けて、「お化粧買い」が期待される。

   ただ、オミクロン株についての懸念は後退してはいるものの、引き続き、リスク要因であることに変わりはない。国内でも市中感染の例が報告されており、動向には注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中