2022年 1月 29日 (土)

【新春企画】タイゾーさん! どんな株買ってます? 「日本株」のポテンシャルはどうですか??【その3】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   株式投資って、なんとなく怖い――。リスクがあると聞くし、シロウトは近寄らないほうが身のため――。気にはなるけれど、自分には難しい世界なんだろう――。

   そんな未経験者にとって、不安ばかりの株式投資の世界について、元衆議院議員でコメンテーターとしても活躍する杉村太蔵さん(タイゾーさん)に、株式投資のあれこれをうかがうインタビューシリーズ。

   第3回は、タイゾーさん自身の資産運用について、そして、インタビューの締めくくりに国内企業へのエールを聞いた。

「毎年のお正月、遺言を書いています」

――前回は、モラルある投資家の存在は、世界を変える力の源だ、という深いお話で終わりました。3回シリーズの最後となる今回は、少し趣向を変えて、タイゾーさんの資産運用について教えてください。

杉村太蔵さん「短期、中長期、超長期で株式を持って、資産形成しています。短期で売買するものは、勉強の意味合いが強く、注目の会社(銘柄)を買うことが多いですね。中長期は4~5年かけて見守っていく会社(銘柄)。ずっと持ち続けるわけではないなと思いつつも、期待していて、ここから長期保有に移行する場合もあります。そして、ずっと持ち続ける超長期の会社(銘柄)があります。ほかには、不動産とか外貨が少し。
その話と関連して、ボクは毎年のお正月、妻に宛てて遺言を書いていますよ」

――えっ? どういうことですか?

杉村さん「ボクに万が一のことがあった場合に備えてです。夫婦間でも、個人の銀行口座や暗証番号を意外と知らせていないことがあって、きちんと共有しておくことは大事です。遺言には、緊急時の関係者への連絡先、自分の金融資産とその売却について指示しています。
このうち、株式の売却については、(1)自分の死後、ただちに売って現金化するもの。(2)自分の死後、4~5年以内で現金が必要になったタイミングで売ってよいもの。(3)自分の死後も、杉村家が存続する限り、絶対売ってはいけないもの。これは未来永劫、持ち続けなさい、ということですね。――おおまかにいって、こんな内容になっています」

――未来永劫、売る気のない銘柄......気になりますね。

杉村さん「少しだけ、教えましょうか?」

――お願いします!

杉村さん「日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命――郵政グループ3社の株です。なぜかって? ボクは郵政民営化法案(および、その関連法案)に賛成した人間だからですよ。これね、株式公開されて、上場したその日に買いました。あのとき、議場で賛成票を投じた人で、上場したその日に買ったのはボクぐらいだろうなと思っているんですけど。どうだろう(笑)。ボクとしては、賛成したわけだから、政治的責任を果たす意味で、あの株だけはずーーーーーーーっと持ち続けろ、と言っています。私の原点ですし。ただ、いまパフォーマンスは悪いんですけどね(苦笑)。まあ、ボクの話はこれくらいにしておきましょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中