2022年 1月 29日 (土)

とうとう「フルロナ」が発生! インフルエンザとコロナのダブル感染に「日本は大丈夫なの?」(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新年早々、「おとそ気分」を吹き飛ばすようなニュースが飛び込んできました! 世界中で新型コロナウイルスの感染が爆発的に広がるなか、インフルエンザとの「ダブル感染」が相次いで報告されているのです。

   先日、中東のイスラエルで最初の症例が報告されたばかりですが、ブラジルやハンガリー、そしてとうとう米国でも感染の確認が報じられました。さらには、フランスで新しい新型コロナウイルスの変異株が発見されたとのニュースまで......。

   オミクロン株の上陸による「第6波」到来におびえている日本ですが、果たして、「ダブル感染」に立ち向かうことはできるのでしょうか?

日本ではオミクロン株が流行の兆しに......(写真はイメージ)
日本ではオミクロン株が流行の兆しに......(写真はイメージ)

「インフルエンザ」と「コロナ」が合体して「フルロナ」!

   米国は100万人超えで英国は20万人超え......。連日のように記録を更新している新型コロナウイルスの新規感染者数。あまりにも天文学的な数字に感覚がマヒしてしまいそうですが、悲しいことに「ウイルス」の世界はさらに先を行っているようです。

   ここにきて、インフルエンザと新型コロナウイルスに「ダブル感染」する症例が各国で確認されるようになりました。

Testing site reports first case of 'flurona' in LA
(ロサンゼルスの検査場で、米国初の「フルロナ」症例が報告された:米メディア)

   現地の報道によると、メキシコの休暇から帰国した家族のうち、10代の子どもがインフルエンザと新型コロナウイルスに同時に感染していることが確認されたそうです。

   ちなみに、「ダブル感染」を表す「flurona」(フルロナ)は、「インフルエンザ」「flu」と新型コロナウイルスの「corona」を合成した単語ですが、一気に世界の注目ワードに躍り出たようで、各国メディアが「What is 'flurona'?」(フルロナって何?)と、あわてて特集を組んでいます。

   さて、この「フルロナ」ですが、まだ発見されたばかりということもあり、今のところ重症例は報告されていませんが、専門家は「フルロナの症例は今後、世界中で増えるだろう」と警告しています。

   各国がロックダウンなどの行動制限を課していた頃と異なり、人々が外出したり集まったりする機会が増えているところに「驚異的な感染力」を持つオミクロン株が出現したことから、「フルロナが増える環境が整っている」とのこと。

   新型コロナウイルスの感染防止策として、人々が手洗いやマスク着用に取り組んだ結果、幸いなことにインフルエンザの流行は押さえられていました。ところが、最近はワクチンや治療法の発達で、各国政府は「コロナとの共存」を唱えて行動制限を回避する傾向にあります。

   「フルロナ」について、米国の専門家は「It's not overly concerning」(過度に心配することはない)とアドバイスしていますが、そのことばを信じてよいものでしょうか......。しばらくは、「フルロナ」に関するニュースをウオッチしていきたいと思います。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中