2022年 1月 19日 (水)

新成人の「理想の働き方」は通勤とテレワークのハイブリッド型!

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2022年に新成人を迎える若者が理想とする働き方は、通勤による出社とテレワークの「どちらも」というハイブリッド型が7割を占めていることがわかった。

   企業や組織へチームワークや働き方改革のメソッドを提供するサイボウズ チームワーク総研が、近く社会人となる新成人の理想の働き方を知ることを目的に実施した。2022年1月5日の発表。

   総務省統計局によると、新成人の人口は推計で120万人(1月1日現在で20歳の人)となり、新成人の数は前年と比べて4万人減少した。内訳は男性61万人、女性59万人で、男性は女性より2万人多い。

  • コロナ禍でオンライン会議はすっかり定着した(写真はイメージ)
    コロナ禍でオンライン会議はすっかり定着した(写真はイメージ)
  • コロナ禍でオンライン会議はすっかり定着した(写真はイメージ)

授業の形式が「理想の働き方」に影響しているかも...

   調査では、438人の新成人に「社会人になったら、どのような働き方がしたいか」と、理想の働き方を聞いた。その結果、「通勤とテレワークどちらも」と答えた人が約74%だった。この内訳は、「通勤とテレワークどちらも=日時は自分の裁量で選択」と答えた人が44.3%と最も多く、次いで「通勤とテレワークどちらも=日時は会社の指示」が29.7%となった。

   「通勤出社のみ」を理想の働き方と答えた新成人は19.4%にとどまった。「テレワークのみ」は6.6%だった=下の円グラフ参照

   今年、新成人になる学生はコロナ禍での学生生活を経験。12月現在で授業の形態を聞いたところ、「対面授業のみ」は20.1%にとどまり、「どちらかというとオンライン授業が多い」は29.7%、「オンライン授業も対面授業も同じ程度」が18.7%、「オンラインのみ」は3.7%。新成人になる学生の過半数が、オンラインでの授業を受けていた。

   また、「通勤出社のみ」を理想の働き方と答えた人(n=85人)の68.2%が、現在の授業の形式が「対面授業が多い」とのことで、在学中の授業形式が「理想の働き方」にも影響を及ぼしているようすがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中