2022年 5月 24日 (火)

【新連載】コロナ禍で何が変わったのか? 求められるのは「社会の変化にスピーディに対応できる」学びの環境 寺田佳子さんに聞く(前編)

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   コロナ禍で、「できるヒト」のイメージが変わりつつあります。これからの企業で活躍するのは、どのような人材なのか? 企業はどのようにして、期待する人材を育成すればよいのか?

   「これからのできるヒト」を育てるための学びの手法を、日本イーラーニングコンソシアム理事でインストラクショナルデザイナーの寺田佳子(てらだ・よしこ)さんに聞きました。

コロナ禍は社員研修の黒船?!

――コロナ禍で会社の何が変わったのでしょう。

寺田佳子さん「新型コロナウイルスの影響による社員研修の急激なオンライン化は、人材育成の世界における一種の『黒船』みたいなものだったのかな、と感じています。これまで、早く人材育成のICT化を進めなければいけないと思いつつも、伝統的な研修スタイルからなかなか抜け出せずに悶々としていた企業も、コロナ禍という黒船が突然現れ、右往左往しながらも、一気にオンラインへの扉を開けざるを得なくなったといった、そんな状況でした。日本は歴史的に見ても、海の向こうからやってくる大きな危機みたいなものがないと、社会構造がドラスティックに変わるのが難しいところがあると思うのですが、今回のコロナ禍は、人材育成のICT化、DXの扉をこじあける引き金になったと思います。
また、米国のオバマ元大統領がATD(The Association for Talent Development米国能力開発機構)の2018年の総会で『産業革命からの250年よりこれからの30年のほうが、さらに大きな変化がおこる』と語ったように、変化のスピードはますます加速し、そのような変化に対応できる人材を、変化を先どりして育成しなくてはならない時代に突入したとも言えます。コロナ禍をきっかけとしたこうした変化は、社員研修の構造改革、スピード化を促す要因になったことは間違いありません」

――なるほど。マネジメントや働き方の変化が、コロナ禍によってスピードアップしたということですが、もう少し具体的にお話しいただけますか。

寺田さん「私が所属している日本イーラーニングコンソシアムが2020年秋、約100社を対象に実施した『企業内研修およびHR(人的資源)業務のICT化、DX推進に関する実態調査』アンケートで、『コロナを契機に研修の実施方法に変化があったか?』と尋ねたところ、9割以上の企業が『変化があった』と答えていました。さらにコロナ禍終息後については、75%の企業が『コロナ禍で変化した新しいスタイルを今後も維持する』と予想しています。始まりはドタバタでしたが、経験してみて初めて対面研修にはない利便性や効果を実感し、オンラインでの学びの魅力を肯定的に受け入れている企業がとても多いことがわかりました。これからは、オンライン研修と対面研修、オンラインの中でもライブ型とオンデマンド型といった、多様なスタイルの研修を学習する人(社員)に適したブレンドで提供するハイブリッド型の研修が進化すると思います」

――コロナ禍で研修の環境は大きく変わりましたが、『学び方』や『教え方』にも変化はあったのでしょうか。

寺田さん「2020年4月に緊急事態宣言が出され、ちょうど新人研修の時期だったこともあり、取り急ぎZOOMなどの会議システムを使って動画を配信するところから始めたケースが多かったですね。
ただ、オンラインで配信し、デジタルツールを使って学んではいても、教え方は対面研修とまったく変わらず、講師が話している姿をそのまま動画で流すというスタイルで、教えるほうも学ぶほうも、「これなら、やっぱり実際の対面研修のほうがモチベーションがあがる」という事例も多かったようです。こうした失敗経験も踏まえた社員研修の真のDXの進化はこれからだと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中