2022年 5月 21日 (土)

「行動制限の鬼」尾身会長の豹変...「ステイホーム必要ない」「飲食店閉めるな」発言に仰天!

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「いったい、どうしちゃったの?」

   新型コロナ対策のためなら「東京五輪中止!」まで訴えた「行動制限のオミ」ならぬ「行動制限の鬼」尾身茂・政府対策分科会会長が豹変した。

   オミクロン株の感染大爆発で「まん延防止等重点措置」の適用を承認した2022年1月19日の対策会議終了後、「ステイホームや、飲食店を閉める必要はない」と発言したのだ。

   このサプライズに、メディアやネット上では「目が点」になる人が続出している。

  • 「行動制限の鬼」から「ステイホーム必要ない」に豹変した尾身茂会長
    「行動制限の鬼」から「ステイホーム必要ない」に豹変した尾身茂会長
  • 「行動制限の鬼」から「ステイホーム必要ない」に豹変した尾身茂会長

尾身会長「4人くらいで飲めば店を閉める必要はない」

   問題の発言は、政府の新型コロナ対策を議論する有識者会議「基本的対処方針分科会」の会議終了後、記者団の取材に応じたなかで出た。毎日新聞(1月20日付)「尾身会長「『人数制限』がキーワード 大規模クラスター予防を重視」によると、尾身茂会長は、

「今回は今までやってきたことを踏襲するのではなく、オミクロン株にふさわしい効果的、メリハリのついた対策を打つ必要があるというのが(分科会の)コンセンサスだ。『人流抑制』ではなく、『人数制限』というのが一つのキーワードになる」

と話したという。疫学調査での分析によると、大声を出したパーティーや会食などは感染リスクが高いことから、こうした場面での人数制限に協力を求める考えを示したのだ。つづけて、

「4人ぐらいとか、いつも一緒にいる人と静かにやって、話すときはマスクをする。そういう行動をしてもらえば、店を閉める必要はないと思う」「(19日の分科会で)4人という数字を議論したわけではない」「今回はなんでも全部やめるということや、ステイホームも必要ないと思う。リスクの高いところ(の対策)に集中する」

などと発言したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中