2022年 5月 20日 (金)

海外メディア「日本のピークアウトはまだ」!? オミクロン株で露呈「時代遅れ」コロナ対策(井津川倫子)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   オミクロン株の猛威が止まりません。

   日ごとに倍々ゲームのように増加する感染者数。これまでの常識を超えた数字に私たちの感覚もマヒしてしまいそうですが、とうとう、1日の新規感染者数が10万人の大台をこえてしまいました!

    南アフリカや欧米諸国の状況に周回遅れで追いつきそうな状況ですが、ここにきて、日本政府のコロナ対策に関する海外メディアの「辛口コメント」が目立ってきました。オミクロン株の影響で、「コロナ優等生」と称されてきたはずの日本評が、「ガタ落ち」の危機を迎えているようです!

  • 日本もブースター接種進めないと…
    日本もブースター接種進めないと…
  • 日本もブースター接種進めないと…

海外メディア「日本のコロナ感染、最悪の状況はこれからだ」

   思い起こせば、昨年(2021年)の第5派までは、日本のコロナ対策は「優等生」や「成功モデル」と評されていたはずです。欧米諸国と比べて比較的少ない感染者数や死者数だったことなどから、「日本すごい!」と受け止められていたようです。

   ところが、です。オミクロン株の出現で、海外の日本評にもかげりが見えてきました。ものすごいスピードで急増している日本国内の新規感染者。「先手先手のコロナ対策」との勇ましいかけ声とは裏腹に、医療現場のひっ迫を招いている日本政府の姿勢に、海外メディアから厳しい声が聞こえてくるようになりました。

Japan in turmoil over Omicron
(日本、オミクロン対策で大混乱:政治メディアThe Diplomat)
turmoil:大混乱、騒動、不安

Japan's policies have been strikingly successful but may now be outdated
(日本の政策は素晴らしく成功していたが、今や「時代遅れ」のようだ:政治メディアForeign Policy)
outdated:時代遅れの、古くさい

   日本の新型コロナウイルスによる死者数が、米国と比べて2%と相当低く抑えられていたり、ワクチン接種が「a slow start」(遅いスタート)だったけれど最終的に80%近くまで普及したりしたことなど、これまで「success」(成功)だと評価されてきた日本のコロナ対策が、オミクロン株の出現で一気に「outdated」(時代遅れ)になってしまったようなのです。

   海外メディアは、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最下位のワクチン3次接種(ブースター接種)率の低さや、相変わらず「三密」と「マスク」に頼った日本のコロナ対策では、オミクロン株の強力な感染力に太刀打ちできない、と批判しています。

   たしかに、一足先にオミクロン株の猛威にさらされた諸外国では、ものすごいスピードで3回目の接種を加速していました。英国やフランスでは「ピークアウト」の現象がみられると報じられていますが、ブースター接種率の低い日本と「同じ土俵」で比べてはいけません。

   海外メディアも、ブースター接種が遅れている日本は、「the worst is yet to come」(最悪の事態はこれからだ)と警告しています。日本の「ピークアウト」はまだまだ先のようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中