2022年 5月 23日 (月)

相手より先に名刺出したがる「ビジネスマン」 2番目に並ぶ人を案内する「レジ店員」...不思議な慣習はダレトクなのか?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   用事のついでに、いつもとは違うスーパーに寄った時のこと。レジの先頭に並んでいると、店員さんから声をかけられました。

「2番目にお並びのお客さま、どうぞ!」

   自分の番だと思って動こうとしたその刹那、もう一人の自分が囁きました。

  • スーパーのレジの店員さんの一言が気になる!
    スーパーのレジの店員さんの一言が気になる!
  • スーパーのレジの店員さんの一言が気になる!

いつの間にか定着した「違和感」ある決まり文句

「ちょっと待て、自分よ。お前は先頭で並んでいたのだから、『1番目』に並んでいる客だ。店員が声をかけたのは『2番目』に並んでいる客だぞ。それは、お前の後ろの客ではないのか?」

   おっと、自分じゃないのか。でも順番を考えれば、次は先頭で並んでいる自分のはず。レジは一台しか動いてないから、隣のレジへと誘う呼びかけでもないぞ。はて、なにゆえ「2番目」の客に声をかけるのか? さっきレジしていた人を1番目と見なしているのか、あるいは「先頭で並ぶ客」を言い間違えたのか......。

   などと思いつつ、「2番目」に並ぶ真後ろの客に目をやっても、動く気配はありません。グズグズ考えていては他の客にも迷惑なので、人差し指を自分に向けて、「私のことですか?」と尋ねるポーズをとると、店員は「どうぞ」と招く仕草をしながら、笑顔でレジに案内してくれました。

   そうか。やっぱり自分のことだったのか。まあ、シチュエーションから考えて、それしかないわな。「2番目でお並びの」なんて言うから一瞬混乱したではないか。やっぱり言い間違えかな、などと思いながらレジを終えると、次の客に向かって店員さんが言いました。

「2番目にお並びのお客様、どうぞ!」

   後日、この「先頭で並ぶ客は1番目なのか、やっぱり2番目と呼ぶのか」問題を友人たちに投げかけてみたところ、「私も同じ疑問を持った」という人もいれば、「そんなこと疑問にも思わなかった」という人までさまざま。

   なかには、コンビニでバイトしていた時に同じ疑問を持ったものの、店長が怖くて意図を確認できなかったという人もいました。なるほど、決まり文句に違和感を覚えても、そんなふうに疑問を投げかける機会を失って、いつの間にか慣習化していくものなのかもしれません。

川上 敬太郎(かわかみ・けいたろう)
川上 敬太郎(かわかみ・けいたろう)
ワークスタイル研究家
男女の双子を含む、2男2女4児の父で兼業主夫。愛知大学文学部卒業後、大手人材サービス企業の事業責任者を経て転職。業界専門誌「月刊人材ビジネス」営業推進部部長兼編集委員、広報・マーケティング・経営企画・人事部門等の役員・管理職、調査機関「しゅふJOB総合研究所」所長、厚生労働省委託事業検討会委員等を務める。
雇用労働分野に20年以上携わり、仕事と家庭の両立を希望する「働く主婦・主夫層」の声延べ4万人以上を調査・分析したレポートは200本を超える。
NHK「あさイチ」、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」などメディアへの出演、寄稿、コメント多数。
現在は、「人材サービスの公益的発展を考える会」主宰、「ヒトラボ」編集長、しゅふJOB総研 研究顧問、すばる審査評価機構株式会社 非常勤監査役、JCAST会社ウォッチ解説者の他、執筆、講演、広報ブランディングアドバイザリー等の活動に従事。日本労務学会員。
1973年生まれ。三重県出身。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中