2022年 5月 20日 (金)

個人情報保護法改正で広がるビジネスチャンスとリスク! マンガとクイズで学んでは?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「個人の権利利益の保護」「情報活用の強化」「AI・ビッグデータへの対応」などを目的に改正された個人情報保護法が、今年(2022年)4月1日から全面施行される。

   罰則が厳しくなり、個人情報を扱う企業は真剣な対応が求められる。もちろん一方では、情報の活用方法がルール化されるためビジネスチャンスも生まれるだろう。

   そこで、内閣府の個人情報員会は2月9日、改正のポイントをよく知ってもらおうと「マンガで学ぶ個人情報保護法」を、ホームページ上に公開した。参考にしてはいかが。

  • 個人情報の取り扱いが難しくなった(写真はイメージ)
    個人情報の取り扱いが難しくなった(写真はイメージ)
  • 個人情報の取り扱いが難しくなった(写真はイメージ)

AI・ビッグデータをどう活用するか

   改正個人情報保護法には、大きく6つの変更ポイントがある。

(1)本人の請求権の拡大
(2)事業者の責務の追加
(3)事業者の自主的な取り組みの推進
(4)データ利用活用の推進
(5)ペナルティーの強化
(6)外国の事業者など域外適用などの拡充

   個人情報を扱う事業者には、個人データの漏えいなどが発生した場合、個人情報委員会への報告と、本人への通知の義務が新設された。しかも、本人への通知が「努力義務」から「完全義務化」へと変わり、プライバシーポリシーの見直しが必要となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中