2022年 5月 16日 (月)

ここにも新型コロナの影響...なぜ「あの犯罪」は増加したのか?(鷲尾香一)

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   新型コロナウイルスの感染拡大が続いた2021年――。最新の犯罪統計資料を見ると、刑法犯罪が減少する一方で、DV(家庭内暴力)と児童虐待が増加するという特徴が見られた。

  • 統計によると、児童虐待が増加しているという…
    統計によると、児童虐待が増加しているという…
  • 統計によると、児童虐待が増加しているという…

刑法犯の認知件数は2002年をピークに減少

   警察庁は2月3日、「令和3年(2021年)の犯罪統計資料」を公表した。それによると、刑法犯認知件数は前年比7.5%減少し、56万8148件と前年に引き続き戦後最少を更新した。

   刑法犯の認知件数は、2002年の285.4万件をピークに減少を続けている。19年間で約230万件(80.1%)も減少している。直近5年間でも認知件数は2017年の91万5042件から34万6894件(37.9%)も減少している。

   ただ、重要犯罪の認知件数は2017年の1万888件と比較すると、2065件(18.9%)減少しているものの、2020年の8935件から2021年は8823件とわずか112件(1.2%)の減少にとどまった。

   まお、重要犯罪とは、殺人、強盗、放火、強制性交等、略取誘拐・人身売買および強制わいせつを指す。

   認知件数の減少では、総数に占める割合の大きい街頭犯罪および侵入犯罪が、一貫して減少してきていることが大きい。罪の種類では、総数に占める割合の大きい窃盗犯および器物損壊等が一貫して減少している。

   この点について、警察庁では、「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う感染防止のための外出自粛も、この間の街頭犯罪の減少の一因となっているものと考えられる」とコメントしている。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中