2022年 5月 24日 (火)

デジタル通貨「ディエム」撤退...浮き上がらせた「メタ」の失速

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米IT大手GAFAの一角を占めるメタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)は、実現を目指していたデジタル通貨「ディエム」から撤退する。

   2019年に「リブラ」の名称で発表されたデジタル通貨構想は、各国の通貨発行権を脅かしかねないとして、主要国が軒並み懸念を示していた。メタの主力SNSであるフェイスブックは会員数が初めて減少に転じており、同社の成長に陰りが見えてきた。

  • 若年層のフェイスブック離れも進む(写真はイメージ)
    若年層のフェイスブック離れも進む(写真はイメージ)
  • 若年層のフェイスブック離れも進む(写真はイメージ)

国を越えて使える「通貨」を標榜

   メタが主導している運営団体のディエム協会は2022年1月31日、「規制当局との対話を通じて、プロジェクトを進められないと明らかになった」との声明とともに、ディエムに関する技術や知的財産を売却し、発行計画から撤退すると発表した。売却先は米カリフォルニア州にあるシルバーゲート銀行で、売却額は1億8200万ドル(約210億円)。同行はデジタル通貨を発行する計画を掲げている。

   リブラ構想が発表された当初は、米ドルなど複数の通貨を裏付けとすることで、価格を安定させる予定だった。技術的には暗号資産(仮想通貨)の仕組みを使いながら、国家が発行する通貨と同等の信頼性を持たせる。それにより、ビットコインのような投機的な側面がある暗号資産とは異なり、国を越えて使える「通貨」になりえる存在を目指していた。

   たとえば、銀行口座を持っていない人でもリブラを使えば、貯蓄や国際送金をスマートフォンだけでできるようになる。銀行口座を持てないが、スマホは持っている人は途上国、新興国を中心に数億人単位で存在する。付随して新たなビジネスも誕生するだろう。世界的にクレジットカードを展開するビザやマスターカードがリブラ構想への参画を当初表明したのも、その可能性に期待したからだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中