2022年 5月 23日 (月)

ガソリン高騰に自動車ユーザー団体「JAF」怒りの声明! 不合理なガソリン税の元から正さないと!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ガソリン価格の上昇が止まらない。2022年2月14日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たり171.4円になった。政府が石油元売り各社に1リットル当たり5円の補助金を出しても、このありさまだ。

   そんななか、「ガソリン高騰は、高すぎるガソリン税の仕組みから正さないとダメだ」と、全国2000万人の自動車ユーザーの団体「日本自動車連盟」(JAF)が声明を発表した。自動車ユーザーの「怒りの声」は政府に届くのか。

  • ガソリン給油にも重たい気分が続く(写真はイメージ)
    ガソリン給油にも重たい気分が続く(写真はイメージ)
  • ガソリン給油にも重たい気分が続く(写真はイメージ)

「当分の間税率」撤廃、「Tax on Tax」(二重課税)解消求める

   日本自動車連盟(JAF)は、自動車事故や故障の際に救援作業を行うことでおなじみだが、自動車ユーザーの権益を保護する目的で1963年に設立された一般社団法人だ。日本で開催される多くのモータースポーツを公認するなど、自動車関係のさまざまな活動を行っている。

   公式サイトによると、2021年10月末の時点で会員数は2000万人を超えた。これは、全国の運転免許保有者数約8200万人の24.4%にあたり、ドライバーの約4人に1人がJAF会員ということになる。

原油価格がどんどん上がっているが...(写真はイメージ)
原油価格がどんどん上がっているが...(写真はイメージ)

   そんなJAFは、自動車ユーザーの利益の代表者として、国際的にも「高すぎる」と評判のよくない日本のガソリン価格の背景にある「ガソリン税」について、かねてから政府に是正の要望を繰り返してきた。

   たとえば、昨年(2021年10月)には「2022年度税制改正に関する要望書~自動車ユーザーは強く訴える~」と題する19ページの要望書を政府に提出した。

   この要望書の中で、ガソリン税に上乗せされている「当分の間税率」の撤廃を求めている。「当分の間税率」とは、本来のガソリン税率28.7円(1リットル当たり)に、当分の間として上乗せされている25.1円(同)の特定税率のこと。「当分の間」と言いながら、1974年から約50年も続いているのだ。

   ほかにも、ガソリン税に消費税が課税される「Tax on Tax」(二重課税)の解消と、自動車重量税も「欧米では例をみない過重な税だ」として撤廃を求めたのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中