2022年 5月 21日 (土)

「年収550万円正社員手放す」...仕事に疲れ、専業主婦になりたい女性の投稿炎上! もったいない?やめてもいい? 専門家に聞いた(1)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「年収550万円の正社員を手放すのはもったいないですか?」

   3人の子を持つ40歳女性の投稿が炎上気味になっている。福利厚生のいい会社に勤めているが、「仕事にヘトヘトに疲れたからやめて専業主婦になりたい」というのだ。

   「家事を外注してでも頑張ってやめないで!」と応援する声と、「子どもとの時間も大切。やめていいよ」と共感する声とで賛否激論だ。専門家に聞くと――。

  • 毎日もうヘトヘトな女性(写真はイメージ)
    毎日もうヘトヘトな女性(写真はイメージ)
  • 毎日もうヘトヘトな女性(写真はイメージ)

正社員になりたくて頑張ってきたのに「550万円」を捨てるのか?

   話題になっているのは女性向けサイト「発言小町」(2022年2月6日付)に掲載された「正社員手放すか 年収550万」というタイトルの投稿だ。

   投稿した女性は、地方のメーカーに勤務する正社員で40歳。自身の年収550万円、夫の年収は750万円だという。3人の子ども(小学生2人、保育園児1人)がいる。ざっとまとめると、このような悩みを訴えるのだった。

「仕事を辞めたいなと思っています。正社員の収入を手放すのはもったいないことはわかっていますが、仕事が忙しく、子どもとの時間も少なく、日々イライラしていて、そんな自分にうんざり」「子どもたちが大きくなればどんどん楽になると先輩ママに言われていますが、そこを乗り切ることを目標にできず、今の小さい時期にもっとのびのび過ごさせてあげたいと思っています」

   保育園も学童も延長で19時まで。自分も共働きの親に育てられたが、放課後は家で兄弟や近所の子と遊んだものだった。いまは世帯で1300万円稼いでいるのに、土日に出かけて楽しむ余裕もなく、家でゴロゴロ。子どもたちを公園に連れていく元気もないらしい。「庭で遊んどいて」と上の子に下の子を任せ、自分はリビングで寝落ちしてしまうのだ。

専業主婦になり子どもと一緒の時間を過ごしたい(写真はイメージ)
専業主婦になり子どもと一緒の時間を過ごしたい(写真はイメージ)
「会社は福利厚生が充実しており、コロナの休園休校時には在宅させてもらうことも可能で、このご時世恵まれていると思います」「仕事は海外とのやり取りが多く、急ぎの案件も多く、やりがいはありますが、最近はやりがい感も薄れ、何もかもめんどうくさくなってきました」

   夫は家事に協力的で、「すぐにでも辞めて、ゆっくり休んで好きなことしたらいいよ」と言ってくれている。しかし、夫ばかりに負担をかけていいのかも悩みの種。夫の奨学金の残り(200万円)、住宅購入の残返済額(800万円)の借金もあるのだ。

   周りのママたちは、子どもが小さい間は専業主婦でも小学生になると働き出す人が多く、そのパワーを尊敬する。だが、自分は逆行しようとしている。過去には正社員になりたくて派遣社員から頑張ってきたこともあるだけに、「550万円の正社員」を捨てていいのか、と迷っているのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中