2022年 5月 19日 (木)

ウクライナ危機で仮想通貨が上昇! そのウラにある突然の、あるロシアの動き?(ひろぴー)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   北京冬季オリンピックの終了とともに、ロシアはウクライナ東部の親ロ派の独立を承認。直後にウクライナへ侵攻を開始しました。

   これにより、株式市場をはじめとする金融市場は衝撃を受け、暴落に見舞われることとなりました。500万円程度で推移していたビットコインも急落し、一時400万円を割り込む場面もありました。しかし2月末に急騰し、下げ幅を帳消しにする展開となりました。

   いったい何があったのでしょうか?

   ウクライナ情勢不安と仮想通貨の驚くべき関係を解説します。

  • ロシアのウクライナ侵攻で仮想通貨は急上昇!
    ロシアのウクライナ侵攻で仮想通貨は急上昇!
  • ロシアのウクライナ侵攻で仮想通貨は急上昇!

ウクライナ侵攻直前にロシアは仮想通貨を承認する方針に

▼ビットコインの価格推移

出所:TradingView
出所:TradingView

   2022年2月4日、ロシアのアントン・シルアノフ財務大臣は、それまで認めていなかった仮想通貨を、禁止するのではなく規制する方向性であるという財務省の考えを首相への書簡で伝えました。これまで、仮想通貨はマイニングしか認めないという方針でしたが、急に方向転換したことに市場は好感。ほぼすべての仮想通貨が上昇する展開となりました。

   なお、ロシアでの仮想通貨の扱いは日本や欧米のようにデジタル金融資産ではなく、通貨に類似したモノとして分類されるようです。

   そもそもロシア人がどれくらい仮想通貨を保有しているのかというコトが疑問ですが、ブルームバーグによると、2021年末時点で約23兆円規模にのぼる可能性があると報じています。

参考リンク:ブルームバーグ(2022年2月1日付)

   一方でロシアの財務大臣によれば約3兆円、ある議員の調査によると約7兆5000億円という数値のバラつきもあります。しかし、2月末の時点で220兆円の時価総額がある仮想通貨の1%から最大10%超もの金額を保有しているロシアの動向は無視できないでしょう。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中