2022年 6月 28日 (火)

建設業のコロナ破たんジワリ増加...スーパ-ゼネコンも業績悪化の兆し

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

上場スーパーゼネコンも減益に

   業績の悪化は、鹿島建設や大林組、大成建設、清水建設のスーパーゼネコンも例外でない。これら4社の2022年3月期連結の連結業績予想は、売上高は4社とも増収見通しだが、利益は資材価格の高騰や受注環境の悪化などで、4社合計は前年から約3割減と大幅な減益を見込んでいる。

   東日本大震災から11年を迎え、潤った復興工事が一巡。コロナ禍の影響で、景気回復の遅れが建設業にも及んでいることもある。

   東京商工リサーチは、法的倒産などの準備中を含む「破たん」をみると、経済産業省が推進する価格の転嫁はできても、上昇する人件費などの自己負担分は重く圧しかかり、ジワジワと「破たん」を押し上げている。事業規模が小規模の事業者ほど、息切れが鮮明になってきた、とみている。

   資材仕入や労務管理などを徹底しているスーパーゼネコンですら減益に追い込まれたところに深刻さが隠れている。中小建設業者の利益環境は、さらに厳しそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中