2022年 5月 28日 (土)

投資と実家の役員報酬得る「主婦」の悩み「稼ぎは夫と同程度...夫も家事負担してほしい」 投稿が炎上、専門家の裁定は(1)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「投資収入」と「実家の会社の役員報酬」をあわせると、夫と同じくらいの年収を得ている「主婦」の投稿が炎上している。

   投稿者の主張は「同程度の稼ぎがあっても、やはり家にいる妻が家事の大部分を負担すべきでしょうか」というものだ。

   夫婦には2人の子どもがいるが、夫はまったく家事育児を手伝わない。女性がたまに家事代行を頼むと、イヤミを言われてしまい...。家事負担の「不公平」を訴えている。

   「投資や役員報酬があっても、家にいる主婦のあなたが家事をするべき」VS「共働きに近い状況だから、夫も平等に家事を担うべき」と賛否激論だ。専門家の裁定は?

  • 夫と同程度の額を稼いでいるが…家事は全部やらなくてはいけないの?(写真はイメージ)
    夫と同程度の額を稼いでいるが…家事は全部やらなくてはいけないの?(写真はイメージ)
  • 夫と同程度の額を稼いでいるが…家事は全部やらなくてはいけないの?(写真はイメージ)

プロの家事代行を頼むと、夫はチクリ

   話題になっているのは女性向けサイト「発言小町」(2022年3月2日付)に載った「夫と同等に稼げる主婦の場合」というタイトルの投稿だ。

   投稿者は「いちおう主婦」と名乗り、子どもが2人。夫は会社員で年収600万円。女性は「投資収入」と「実家の会社の役員報酬」とあわせて年500万円~600万円の収入があるという。

   ただし、実家の会社では投稿者だけが「ある資格」を持っており、その資格を生かして「顧問」の仕事をしている。相談案件があった場合は出社するが、基本的にはほとんど家にいる。そして、悩みをこう訴えるのだ。

「ずっと家におり、家事育児全般をやっています。しかしたまにプロのお掃除などを頼むと、夫から『主婦のくせに』とチクリと言われます。夫は子どものことを含め、家の仕事はほとんどやりません」
家事代行を利用したら夫からイヤミが...(写真はイメージ)
家事代行を利用したら夫からイヤミが...(写真はイメージ)

   ほかにも、「夫のお酒を買い忘れたり、夫の部屋の掃除が行き届いていなかったりした時に『主婦なのにできていない』と言われます」。これに対して、投稿者が「それくらいやってくれても」と言っても、「できる時間あるよね?」と返される始末。

「家事負担について不公平だと感じるようになりました。何度かもう少し負担してほしいと話しましたが、『ずっと家にいるよね?』と言われます。同程度の稼ぎがあっても、やはり家にいる妻が家事の大部分を負担すべきでしょうか」

と疑問を投げかけるのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中