2022年 7月 4日 (月)

ウクライナ危機から1か月 円安ドル高、どこまで!? 気になる年度末の企業業績 への影響(3月28日~4月1日)【株と為替 今週のねらい目】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ロシアによるウクライナ侵攻から1か月余。ロシア軍の攻撃はエスカレートしており、戦争が止む気配はない。

   そうしたなか、外国為替相場では円安進行が止まらない。円相場は1ドル=120円台と2016年2月以来、約6年1か月ぶりの円安ドル高の水準で推移している。多くの企業が年度末決算を迎えるなか、業績への影響が懸念されてくる。景気回復に水を差すことにもなりかねない。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 急激な円安ドル高、どうなる!?
    急激な円安ドル高、どうなる!?
  • 急激な円安ドル高、どうなる!?

東京株式市場 期末・期初に投資家はどう動く?

日経平均株価予想レンジ:2万7500円~2万8700円

2022年3月25日(金) 終値 2万8149円84銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値の重い展開か。

   前週の東京株式市場に日経平均株価は、大幅続伸した。9日続伸となり、2万8000円台を回復した。

   今週の日経平均株価は、いったんは上値を試す動きとなりそうだが、上値は重い展開か。日経平均株価は3月14日以降、3000円近い上げ幅となっており、スピード調整をする可能性がある。

   ポイントは3つ。第1は期末・期初を挟んだ動き。29日の配当権利付き取引最終日、31日の年度末、4月1日の新年度入りの中で、投資家がどのような動きを見せるか。

   第2は米国の金融政策で0.5%の利上げ圧力が強まっており、米国の金融政策の動向と円安の行方。第3がウクライナ情勢だ。

   月末・月初を迎え、米国の雇用統計など経済指標も発表も相次ぐため、注意が必要だ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中