2022年 5月 29日 (日)

入社式「心に響く社長の挨拶」はコレ! 会社ウォッチ編集部が独断で選ぶ珠玉の言葉の数々【2:ビジネスの心構え編】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新年度がスタートした2022年4月2日、多くの企業で入社式が行われた。

   ロシアのウクライナ侵攻による世界経済の後退、再びリバウンド傾向がみられ始めた新型コロナウイルスの感染拡大。

   そんな非常時だからこそ、多くの社長さんが心の底から新入社員を歓迎し、「一緒にこの危機を乗り越えていこう!」と熱いエールを送った。

   J‐CASTニュース会社ウォッチ編集が、「心に響く社長の挨拶」を独断で選んでみた。

  • 社長たちが新入社員に贈った言葉とは(写真は、三菱重工グループの泉澤清次社長/プレスリリースから)
    社長たちが新入社員に贈った言葉とは(写真は、三菱重工グループの泉澤清次社長/プレスリリースから)
  • 社長たちが新入社員に贈った言葉とは(写真は、三菱重工グループの泉澤清次社長/プレスリリースから)

「何事も『Yes』から入ると道は開けてくる」

   <入社式「心に響く社長の挨拶」はコレ! 会社ウォッチ編集部が独断で選ぶ珠玉の言葉の数々【1:平和への願い編】>の続きです。

   OKI(沖電気工業)の森孝廣社長は、「私も社長1年生でドキドキの日々を過ごしています。そんな私から皆さんに先輩としてアドバイスします」と優しい語り口で話し始めた。

OKI(沖電気工業) 森孝廣社長(写真右/公式サイト:ごあいさつより)
OKI(沖電気工業) 森孝廣社長(写真右/公式サイト:ごあいさつより)
「皆さん全員が社長になる可能性があります。当社は、天才型よりも努力型の人の方に合う会社です。普通の人がほんの少しの勇気と努力を積み上げていけば、どんどんポストがついてきます。目の前の仕事を『実行して考え』、そして『考えて実行する』。この日常の努力の積み上げと、少しの幸運が重なれば、視界が開けてきます」

   その際、大切なことは「積極性」と強調した。

「皆さんの態度が『能動的』か『受容的』かで、周りの反応が変わります。会社に入ると一気に活動範囲が広がり、経験したことのない地域・文化・人などに悩むこともあるでしょう。私も入社してすぐ悩みましたが、仕事はもちろん、挨拶、会話、飲み会、ゴルフ、遊びなど、『待ち』から『押し』の姿勢に変えました。すると風景が一変、周りも変わり、仕事も私生活も充実しだしました。何事も『Yes』から入ると道は開けてくると思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中