2022年 8月 12日 (金)

文系は金融、理系は「ジョブ型雇用」導入企業が人気...では、男女別の1・2位企業は? 就職注目企業ランキングの顔ぶれ一覧

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ウクライナ情勢の悪化に加え、オミクロン株がリバウンド傾向を見せ始め、経済情勢に不安定要素はあるが、2023年卒大学生たちの就職活動は佳境を迎えている。

   就活生はいったいどんな企業の、どこに注目しているだろうか。就職・転職のジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが全国13万6000人の学生ユーザーを調査した「就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【男女文理編】」を、2022年3月30日に発表した。

   男子7万9000人、女子5万7000人、文系8万2000人、理系4万7000人、それぞれの大学生が選んだベスト20位の企業から見えてくるものは――。

  • 「入ってよかった!」とやる気が出る企業は?(写真はイメージ)
    「入ってよかった!」とやる気が出る企業は?(写真はイメージ)
  • 「入ってよかった!」とやる気が出る企業は?(写真はイメージ)

男子1位はNTTデータ、女子1位はアクセンチュア

   「OpenWork」は、主に社会人の会員ユーザーが自分の勤務している企業や官庁などのクチコミ情報を投稿するサイトだ。入社10年以内の社会人のほか、クチコミを通じて生々しい企業の就職情報を得ようとする学生ユーザーも多く登録している。

   今回の調査は、すでに登録している2023年卒業予定の学生ユーザー約13万6000人が、特にどの企業に注目して口コミ情報を調べたか、検索件数を元に調査した。「検索件数が多い企業ほど注目度が高い」と評価したわけだ。

   まず「男子女子別」(図表1参照)では、男子学生の1位はNTTグループの一員で、情報サービスとしては日本大手のNTTデータ。2位に外資系コンサルト会社のアクセンチュア、3位に電気機器大手の日立製作所が入った。

   また、ほかにランクインした会社では、野村総合研究所やPwCコンサルティングなどのコンサルティング会社や、トヨタ自動車、パナソニック、ソニーグループなどの製造業、日本アイ・ビー・エム、楽天グールプなどのIT会社、高給与で知られる自動制御機器のキーエンス......と、バランスよく選ばれているのが特徴だ。

【男女別】就職注目企業ランキング(OpenWork作成)
(図表1)【男女別】就職注目企業ランキング(OpenWork作成)

   一方、女子学生の1位はアクセンチュア、2位はNTTデータ、3位に総合不動産のオープンハウスが入った。男子学生と違うのは、働き方改革と女性活躍推進で評価が高いニトリ(家具小売り)やレバレジーズ(ITと人材に特化したメディア)などが上位にランクインしたことだ。また、化粧品大手の資生堂、アイデア家電のアイリスオーヤマが20位に食い込んだことも、女子学生らしいといえるかもしれない。

   また、男子学生・女子学生ともに、ほかの就職希望調査では上位に入る総合商社は1社もなかった。総合商社は「文系学生」の16位に伊藤忠商事がランクインしただけだ。

   上位に入った企業にはどんな魅力があるのだろうか。新卒入社した若手社員クチコミから見ていくと――。

女性活躍推進の企業に入りたい(写真はイメージ)
女性活躍推進の企業に入りたい(写真はイメージ)
NTTデータ「日本のSI(システムインテグレーション)事業の最前線に立って優秀な方々と仕事が出来る。多くの案件がプライム(元請け)であるため、顧客と直接対話できる場面が多く、関わるソリューション(顧客の抱える問題・課題の解決)によっては顧客の意思決定層と話をする経験も積むことが出来る。また、ITは未だに最適解が見つかっていない部分が多く、知見を深めたければいくらでも勉強する余地がある。今後も同じ業界・同じ市場でプロジェクトマネージャーとしてキャリアを形成していきたい人であれば、最初のステップとしてこの上ない環境である」(コンサルタント、男性)
NTTデータ「意外だったが、若手のうちから責任の大きい仕事にアサイン(任命)されることが多い。プロジェクトであれば数億円規模、数十人規模の案件や、チームのリーダーにアサインされ、先輩たちのフォローはありながら一人称で自律的に回していく経験ができる。しっかりとしたプロジェクトマネジメントのやり方を早いうちに実践で経験できるので、成長することができる。また、技術についても資格取得の支援や、社内認定制度を通じたスキルアップの仕組みがあるので、社外でも通用するプロフェッショナリティを身につけることができる」(スタッフ、女性)
アクセンチュア「優秀な人が周りに多く、20代で成長するには絶好の環境だと思う。新卒数年では通常任されないようなポジションでの仕事を振られる機会も多く、プロフェッショナルとしてすぐ客先に立つので鍛えられる。ただし、プロジェクトによって求められるスキルがかなり異なるので、キャリア形成については明確に意思表示をしないと、勝手に専門性が決まっていってしまう」(コンサルタント、女性)
アクセンチュア「持続的に成長している大規模コンサルティングファームのメンバーとして働くことは、大きな働きがいになると思う。大企業がクライアントのプロジェクトが多く、大規模プロジェクトも多いため、運が良ければ作ったものが大々的に世の中に出る喜びがある。いい上司に巡り会えれば、比較的ジュニアな頃からクライアントとの会議のファシリテーション(会議を円滑に進める技法)や会議資料作成を任せられるため、若いうちから成長環境を与えられる」(シニアアナリスト、男性)
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中