2022年 5月 17日 (火)

スズキ、重要市場インドでEV新工場...1500億円投資 危機感強く、競争力強化で巻き返しへ!

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   スズキがインドで電気自動車(EV)と車載用電池の生産に乗り出す。車両の解体やリサイクルを行う工場も含め、総額で約1500億円を投じ、2025年から26年にかけて稼働を目指す。生産能力などは未定で、詳細は今後決める。

  • インドでも環境対策は急務、EVへの期待は大きい(写真はイメージ)
    インドでも環境対策は急務、EVへの期待は大きい(写真はイメージ)
  • インドでも環境対策は急務、EVへの期待は大きい(写真はイメージ)

25年にEV生産開始へ、26年に新電池工場稼働へ

   2022年3月中旬、岸田文雄首相のインド訪問に合わせて訪印中した鈴木俊宏社長が、インド西部グジャラート州側と覚書を結んだ。同州にすでにある自動車組み立て工場をEV用に増強し、25年にEV生産を開始するとともに、隣接地に車載用電池の工場を新設して26年に稼働させる。

   スズキは1982年、他社に先駆けてインドに進出し、新車市場で約半数のシェアを持つトップメーカーだ。逆に、スズキにとってインドは世界販売の半分、営業利益の3割(他のアジア地域を含む)を稼ぎ出す最重要市場だ。

   ただ、このところは中韓勢や現地メーカーの攻勢を受けている。スズキのシェアは2021年度に47.7%と、26年3月期までの中期経営計画で防衛ラインに位置付ける5割を割っただけに、危機感は強い。

   EVについても、未発売のスズキをしり目に、地元のマヒンドラ・アンド・マヒンドラが2013年に早々に発売しているほか、韓国・現代自動車も19年に発売している。市場の立ち上がりを待たず、スズキに先駆けて富裕層らを取り込む戦略といわれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中