2022年 5月 22日 (日)

岸田首相の指示した「物価高対策」...今国会で補正予算成立できるか? 自・公せめぎ合い、自民党内の主導権争いも絡む

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   岸田文雄首相が指示した物価高騰などへの対策をめぐり、今国会で補正予算案を編成・成立させるか否かで、自民党と公明党がせめぎ合っている。夏の参院選でどちらが有利かを意識しているだけに、簡単にまとまるかは見通せない状況だ。

  • 岸田首相の指示した「物価高対策」の行方は?
    岸田首相の指示した「物価高対策」の行方は?
  • 岸田首相の指示した「物価高対策」の行方は?

過去最大の新年度予算が成立したばかりだが...異例の追加対策

   岸田首相は2022年3月29日、原油や穀物などの物価上昇に対応する「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」を4月中に策定するよう、関係閣僚に指示した。原油高対策、食料品などの高騰対策、中小企業の資金繰り支援、生活困窮者支援が柱になる。

   閣僚懇談会で首相は「原油や原材料、食料価格の高騰が、国民生活や経済活動に重大な影響を及ぼし、社会経済活動の順調な回復の妨げになるようなことは避けなければならない」と述べた。

   とくに岸田政権が危機感を強めるのが、原油価格だ。ロシアのウクライナ侵攻で米国など一部の国はロシア産原油の禁輸を打ち出し、欧州も「脱ロシア原油」の方向に舵を切っている。そのため、世界的に原油の供給不安が広がり、価格が急騰。ここしばらく、高値が続くのは必至の状況だ。

   ガソリンや灯油などの価格高騰を抑えるための補助制度は4月末まで延長されるが、原油価格がさらに高騰した場合には、ガソリン税を一時的に引き下げる「トリガー条項」の発動も念頭に、岸田首相は「あらゆる選択肢を排除せず検討する」としている。

   ただ、経済対策=補正予算と考えられるが、時期については、状況次第で一定の時間をあける場合がある。とくに、過去最大の総額107兆円超の新年度予算が3月22日に成立したばかりの段階での追加の対策は異例だ。

   そこで、岸田首相は今回、新年度予算に計上されている通常の予備費5000億円と、コロナ対策の予備費5兆円の計5兆5000億円の一部を財源に、当面の対策を打つ。それとともに、参院選の公約に大型の経済対策のメニューだけ盛り込み、参院選後に補正予算を編成するという2段構えで進める考え。その前半の部分が、今回指示した総合緊急対策という位置づけだ。

   ところが、これに異を唱え、今国会での補正予算の成立を主張したのが、連立与党の公明党だ。

   公明の山口那津男代表は3月30日の党の会議で、「不透明で見えないことにもどう対応していくかが政治の大きな役割だ。予備費で国会閉会後の政治空白期間の国民生活や経済活動を守り切れるのか」と、今国会での補正予算の成立を訴えた。

   竹内譲政調会長も同日の記者会見で「予備費だけで満足なことができるのか。参院選中に弾切れになったら大変な事態だ」と補正の必要性を強調した。

   一方で、立憲民主党などの野党は、新型コロナウイルス対策の予備費の使用を「流用」などと批判し、補正予算案編成を主張している。公明党は、予備費の扱いへの懸念のほか、物価問題の深刻化で対応が後手に回るのを警戒しているともいわれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中