2022年 5月 25日 (水)

日本への外国人留学生、2年連続減...背景に新型コロナ 日本の魅力低下でなければよいが(鷲尾香一)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   日本学生支援機構の調査によると、日本への外国人留学生が激減している。新型コロナウイルスの感染拡大によると、渡航禁止などが主な理由だが、2021年5月時点の外国人留学生は前年比13.3%も減少した。

  • 「外国人留学生在籍状況」に注目(写真はイメージ)
    「外国人留学生在籍状況」に注目(写真はイメージ)
  • 「外国人留学生在籍状況」に注目(写真はイメージ)

7年連続増加から一転、ここ2年は右肩下がりに

   日本学生支援機構は2022年3月30日、「2021年度外国人留学生在籍状況調査」を発表した。

   「外国人留学生在籍状況」は、大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)、我が国の大学に入学するための準備教育課程を設置する教育施設、および、日本語教育機関における外国人留学生の在籍状況をまとめたものだ。

   留学生在籍状況から見ていくと、2021年5月1日時点の留学生数は前年同時点に比べ、3万7153人(13.3%)も減少し、24万2444人となった。

   直近の10年を見ると、2012年の16万1848人から7年連続で増加し、2019年には31万2214人にまで増加していた。だが、2020年、2021年と2年連続で減少に転じたのは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けたからだろう=表1

   日本政府が学費を負担する国費留学生数は8197人で、前年度比564人(6.4%)減少。外国政府が学費を負担する留学生数は3170人で、同36人(1.1%)減少。私費留学生数は23万1077人で、同3万6553人(13.7%)減少した。

   また、高等教育機関に在籍する外国人留学生数は20万1877人で、同1万6906人(7.7%)減少。日本語教育機関に在籍する外国人留学生数は4万567人で、同2万247人(33.3%)減少した。

   教育機関別では、大学院が5万2759人で、同297人(0.6%)減少。大学、短大、高専が7万6499人で、同6578人(7.9%)減少。専修学校が7万268人で、同9330人(11.7%)減少。準備教育機関が2351人で、同701人(23.0%)減少。日本語教育機関が4万567人で、同2万247人(33.3%)減少した。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中