2022年 5月 24日 (火)

転職エージェントのJACリクルートメント、コロナ禍後V字回復! 社員の平均給与はアゲアゲか?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、日本国内のほか海外11の国と地域で事業を展開する、総合転職エージェントのJAC Recruitment(ジェイ エイ シーリクルートメント)です。

   海外進出する日系企業の人材採用を支援するため、1975年に田崎忠良氏(78、現取締役最高顧問)がロンドンで創業。1988年に日本進出し、人材派遣や求人広告などに事業を拡大しながら、2006年にJASDAQ上場、2015年に東証一部上場に市場変更を果たしています。現在は、東証プライム市場です。現取締役会長兼社長の田崎ひろみ氏(71)は、80年代に入社した忠良氏の妻です。

  • JACリクルートメントは国内の登録型人材紹介事業が主力(写真はイメージ)
    JACリクルートメントは国内の登録型人材紹介事業が主力(写真はイメージ)
  • JACリクルートメントは国内の登録型人材紹介事業が主力(写真はイメージ)

コロナ禍で連続増収増益ストップもV字回復

   それではまず、JACリクルートメントの近年の業績の推移を見てみましょう。

JAC%20%20table-2022-0426-03.png

   JACリクルートメントの売上高は、2018年12月期に急増しています。これは2018年にシンガポールの人材紹介会社JACリクルートメント・アジアを買収して子会社化したためですが、これにより営業利益率が30%台から20%台前半に減少しています。

   しかし2020年12月期には、コロナ禍による景況悪化と求人減によって減収減益に。2013年から継続してきた増収増益の連続記録がストップしています。

   2021年12月期は前期からの反動による求人増もあり、コロナ禍以前の2019年12月期をも上回る増収を達成。営業利益も前期比で増加しましたが、営業利益率の改善には至っていません。

   2022年12月期の業績予想は、売上高は前期比15.3%増の184億96百万円、営業利益は同4.6%増の55億52百万円、最終利益は同7.7%増の39億68百万円の見込みです。

   他の業種と比べると、総合人材サービスのパソナグループ(2021年5月期)は、売上高3345億40百万円に対し、営業利益は199億40百万円で、営業利益率は6.0%。ピーク時から悪化しているものの、JACリクルートメントの利益率がいかに高いかがわかります。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中