2022年 5月 21日 (土)

決済手段乱立時代の生き残りに「秘策」あり! 百貨店カードの新スタイルをつくるJFRカード 二之部守社長に聞く(前編)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「JFRカード」(大丸松坂屋カード)がリニューアルして、2022年1月にリニューアル1周年を迎えた。それに合わせて実施したキャンペーンなどが、ユーザーから好評を得ている。また、独自ポイントプログラムである「QIRA(キラ)ポイント」がオトクに貯まる、地域の対象店も着々と増えている。

   そんなJFRカードのさらなる成長に打って出た施策のひとつが、「地域」に着目した展開だ。東京、名古屋、大阪、福岡で「局地戦で勝つ!」――。J.フロント リテイリンググループで、決済・金融事業を手掛けるJFRカード株式会社の二之部守社長に聞いた。

  • 「金融サービスをもっと身近にする」と話すJFRカードの 二之部守社長
    「金融サービスをもっと身近にする」と話すJFRカードの 二之部守社長
  • 「金融サービスをもっと身近にする」と話すJFRカードの 二之部守社長

マルチブランド&プライムロケーションでの店舗展開がグループとしての強み

――長年、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルに勤務されていました。JFRカード株式会社の社長になられた経緯を教えてください。

二之部守社長「J.フロント リテイリングの当時の社長で、現在は取締役会議長をつとめる山本良一さんとお仕事で一度食事をしたことがきっかけでした。それがご縁で、ありがたくもお声がけいただきました。やはり成長の可能性があることが一番で、やり方によっては大きく成長できるな、と感じました。
   JFRカード株式会社の規模は、競合のカード会社と比べると、それほど大きくありません。でも、会社が投資をしていなかった領域がいくつかあって、そこに手を打つことで可能性が見出せると感じました。人材やシステム、マーケティングなどで、できるところがまだまだあったのです。社員数は、私が社長に就いた時で230人。今では280人ぐらいですが、これは目が届く範囲でいろいろな変革を起こしていける規模といえます。グループの戦略や強み、課題を分析して、しっかりと戦略立てて実行していけば、成長できる可能性を感じたのです」

――コロナ禍もあって、母体である百貨店業界は苦戦しています。そのなかでも、百貨店系のクレジットカード会社を選んだ理由はなんでしょう?

二之部社長「今、百貨店業界は非常に厳しい状況ではありますが、やり方によってはチャンスが生まれる面白い業界だと思います。親会社のJ.フロント リテイリングは、大丸、松坂屋、パルコのほか、GINZA SIX、BINOといった商業施設を運営しています。さらに、2026年末には名古屋の栄地区に隣接する錦3丁目に、ホテルとオフィスを併設する大きな商業施設がスタートします。このように、マルチブランドで展開していることがグループとしての特色です。
   これらの強固なブランドと顧客基盤は、大きな強みだといえます。また、プライムロケーション(一等地)で店舗を運営していることも、もうひとつ強みです。たとえば、東京駅をはじめ、上野、銀座、名古屋の栄や大阪の心斎橋、福岡などに店舗を構えています。マルチブランドで、かつ、プライムロケーション(一等地)で展開するグループとしての総合力が、他のカード会社との差別化にもつながる、JFRカードの魅力だと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中