2024年 5月 30日 (木)

社員みんなの「物心両面」の幸せを追求...「全員参加の経営」を目指す社長の信念(濵田酒造株式会社 濵田雄一郎社長)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   健康経営優良法人の認定を目指す企業経営者にヒントを――。そんな思いのもと、連載中の「健康経営のススメ!」。

   これまでに認定を受けた企業や、積極的に健康経営を推進している企業の先進事例のほか、コロナ禍で社会的課題となった従業員のストレス対策として、産業医のアドバイスを有効活用する企業の事例など、できるだけ具体的なノウハウに焦点を当てている。

   第11回は、鹿児島県いちき串木野市に本社を構える濵田酒造株式会社。従業員は316人。経済産業省の健康経営優良法人2022に認定された。代表取締役社長の濵田雄一郎(はまだ・ゆういちろう)さんに聞いた。

  • コロナ以前の「海童ウォーキング」。コロナ禍では各自が好きな時間に実施
    コロナ以前の「海童ウォーキング」。コロナ禍では各自が好きな時間に実施
  • コロナ以前の「海童ウォーキング」。コロナ禍では各自が好きな時間に実施

健康増進と社会貢献へ...歩行距離で寄付する「海童ウォーキング」

――健康経営を導入されたきっかけをお教えください。

濵田雄一郎社長「当社は『敬天愛人』を社是に掲げ、『全従業員の物心両面の幸せを追求すると同時に、人類・社会の進歩発展に貢献する』ことを目指し、『全員参加の経営』に取り組んでいます。『全員参加の経営』には、従業員ひとり一人の健康であることが第一です。ラジオ体操は30年以上前から行い、従業員とその家族やお取引先が一緒になって行うウォーキングイベントも昨年(2021年)で11回目を迎えました。このように、日頃から従業員の健康増進につながる活動が盛んな会社であるゆえに、『健康経営優良法人認定』の認定制度を知った時にすぐに認定申請することを決めました」

――女性が働きやすい職場づくりに取り組んでいらっしゃいます。

濵田社長「女性が働きやすい職場環境づくりの一環として、2015年より毎年6月の定期健康診断時に発症リスクの高い乳がん検診を、2019年から甲状腺検査をそれぞれ、30歳以上を対象にして全額会社負担で行う制度を導入しています。約8割が受診しています。今後も、検査の必要性の周知を図ることで、健康で働きやすい職場環境づくりに取り組んでいきたいと思います」
濵田酒造が手掛ける主力の焼酎
濵田酒造が手掛ける主力の焼酎

――コロナ禍にはどのように対応されていらっしゃいますか。

濵田社長「感染拡大防止策として、テレワークの推進、特別休暇付与、PCR検査・抗原検査の導入など、従業員の感染予防および事業所内での感染拡大防止することで、誰もが安心して働ける環境づくりに取り組んでいます」

――また、従業員の参画意識を高めるために、フィールドワークを取り入れているそうですね。どのような取り組みでしょうか。

濵田社長「従業員の健康増進と社会貢献を目的に、ウォーキング大会『海童ウォーキング』を毎年3月に実施しています。2022年で12回目となりました。従業員・従業員の家族・協力会社の方々が参加し、15km・25km・42kmの各コースを自身の体力にあったコースを選択して歩く企画を実施してきました。初参加で15kmをようやく歩いた参加者が、回を重ねるごとに力をつけて長距離にチャレンジし、ついに42kmコースを完歩するという感動的なエピソードが生まれました。本大会では11年にわたって、東日本大震災復興支援として、参加者ひとり一人の歩行距離1kmにつき10円を被災地に寄付してきました。
さらに、健康増進意識の高まりから、年代や性別、スポーツ経験を問わずに誰もが参加できるソフトボールチーム『海童ジャパン』やソフトテニスチーム『チーム海童』といったクラブ活動が自発的にスタートしました。
いずれも、体力づくりや健康増進意識の高まりだけでなく、従業員のご家族やお取引先の皆さまには当社の取り組みを知っていただくよい機会となっています」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中