2023年 6月 8日 (木)

日東紡株11.7%高...自社株買い好感 「ガラス事業」好調も評価...さらなる成長加速に期待

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日東紡の株価が2022年5月25日の東京株式市場で一時、前日終値比263円(11.7%)高の2506円まで上昇した。前日発表した自社株買いが材料となった。その後も上昇基調にある。高速大容量通信向けなどのガラス事業が好調なことも、後押しているようだ。

   自社株買いは、自己株式を除く発行済み株式総数の7.0%に相当する273万株、取得価額50億円をそれぞれ上限とするもので、取得期間は5月25日~2023年5月24日まで。

   自社株買いは流通する発行済み株式が減ることで1株当たりの利益が増えるため、株価上昇の要因になり、株主還元策の一つとされている。

   台湾の新工場立ち上げなど主な投資案件が一巡したため、自社株買いに資金を振り向ける、ということだ。

  • 日東紡株に注目
    日東紡株に注目
  • 日東紡株に注目

次世代通信規格「5G」普及で需要伸びる「特殊ガラス」

   ここで会社の状況や規模をみておこう。2022年3月期連結決算を確認すると、売上高は前期比6.8%増の840億円、営業利益は21.9%増の72億円、最終利益は19.5%減の65億円。

   次世代通信規格「5G」の普及を受けて、その関連機器などに用いられる「スペシャルガラス」と呼ばれる特殊ガラスの需要が伸びている。このスペシャルガラスを含む「機能材事業」の売上高は、前期比12.7%増の229億円、営業利益は16.7%増の30億円と伸張し、全体の収益に貢献した。

   医薬品などのライフサイエンス事業も売上高が前期比17.7%増の158億円、営業利益が前期比19.2%増の25億円と伸びた。最終利益の減益は前期に資産売却を行った反動なので、マイナス材料とは見られていない。

   ちなみに、この業界で最大手と目される東レの2022年3月期の連結売上高が2兆2285億円に上ることを思えば、日東紡は中堅と言える規模だろう。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中