2024年 5月 30日 (木)

まだまだ止まらない食品値上げ 年内に1万品目突破の衝撃!

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「値上げの夏」と報じたばかりだが、食品の値上げは秋口以降も続く可能性が出ている――。帝国データバンクが2022年6月1日に発表した「『食品主要105社』価格改定動向調査(6月)」でわかった。

   上場する食品主要メーカー105社を対象とした同調査では、2022年以降の価格改定計画(値上げ、実施済み含む)を追跡調査したところ、5月末までに、累計1万789品目で値上げの計画が判明。実に、半年間で1万品目を超える値上げとなった。

  • まだまだ止まらない食品値上げ…
    まだまだ止まらない食品値上げ…
  • まだまだ止まらない食品値上げ…

食用油、小麦粉の価格急騰の影響大きい

   調査によると、1万789品目のうち、約6割にあたる6285品目で6月までに値上げされる。夏も値上げが続くかたちで、7~8月の値上げ品目数は合計3000品目を超える。また、8月の値上げが1600品目を超え、単月としては今年最多になるという=図表1参照

(図表1)2022年の食品値上げ6月1日時点(帝国データバンクの作成)
(図表1)2022年の食品値上げ6月1日時点(帝国データバンクの作成)

   さらに今回の調査では、9月以降も新たに1000品目超で値上げの見通しが判明。7月以降の値上げ品目累計(4504品目)は、今年全体のうち約4割を占めるという。各品目の価格改定率(各品目での最大値)は、平均で13%。前月から1ポイントの増加で、値上げ幅が若干広がった。

   値上げの背景には、前月に引き続き、「食用油」と「小麦粉(製粉)」の価格急騰による影響が大きいようだ。しかも、夏以降の値上げには、原油高にともなう包装資材や容器、物流費の高騰、円安による輸入コストの上昇などによる商品価格引き上げのケースが目立つという。とくに、酒類・飲料でその傾向が強くみられる。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中