2024年 4月 20日 (土)

鉄鋼大手の業績急回復! 好調の背景に...自動車向け鋼材「大幅値上げ」実現、大規模な事業再編

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   鉄鋼大手各社の業績が急回復している。2022年3月期連結決算(国際会計基準)は、日本製鉄、JFEホールディングスの純利益が、前期から黒字転換し、ともにここ10年ほどで最高を記録、神戸製鋼所の利益も前期の2.6倍になった。自動車向けの鋼材の大幅値上げなどが効いた。

   ただ、ロシアのウクライナ侵攻などによる原材料価格の高騰など先行き不透明で、好業績を持続できるか、予断を許さない。

  • 鉄鋼大手各社の業績に注目
    鉄鋼大手各社の業績に注目
  • 鉄鋼大手各社の業績に注目

「理不尽に安かった」日本の鋼材価格が是正へ

   最大手の日鉄は、売上高が前期比1兆9796億円(41.0%)増の6兆8088億円、純利益は6373億円(前期は324億円の赤字)だった。いずれも旧新日鉄と旧住友金属工業が統合した13年3月期以降で最高だった。

   2位のJFEは、売上高が同1兆1378億円(35.3%)増で過去最高の4兆3651億円、純利益は08年3月期以降では最高の2880億円(前期は218億円の赤字)だった。

   神戸製鋼は売上高が同3770億円(22.1%)増の2兆825億円、純利益は600億円(前期比158.6%増)に伸びた。

   各社の好業績の理由は、まず、大口納入先との鋼材価格交渉で、大幅値上げを勝ち取ったことだ。日鉄の平均鋼材価格は、21年1~3月の1トン8万9700円から、22年1~3月は同13万4600円へと1.5倍になった。

   その象徴が、大口ユーザーであるトヨタ自動車との交渉だ。たくさん買ってもらう立場から、交渉はトヨタ優位が続いてきた。

   だが、J-CASTニュース 会社ウォッチも「日鉄vsトヨタ 自動車部品向け鋼材の価格交渉、今後に禍根残す大幅値上げの決着」(2021年9月25日付)で報じたように、21年夏の価格交渉で日鉄は、「日本の鋼材価格は国際的に見て理不尽に安い価格で採算がとれない」(橋本英二社長)として、トン当たり約2万円の大幅値上げを要求。供給停止を辞さない姿勢でほぼ要求通りの値上げを勝ち取り、続く冬の交渉でも同程度の値上げを実現したとみられる。

   こうした値上げの恩恵は、他の鉄鋼各社にも及んだ。

   価格以外に、大規模な事業再編も利益改善に貢献した。日鉄は20年以降、高炉を15基から11基に減らしたほか、26年3月期末までに協力会社を含め約1万人を減らす計画が進む。JFEも東日本製鉄所・京浜地区(川崎市)の高炉1基を、24年3月期をめどに休止する。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中