2022年 7月 1日 (金)

トヨタ、電動車用バッテリー技術活用の「おうち給電システム」発売 米テスラも「家庭用蓄電池」扱うが、その違いは?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   トヨタ自動車が家庭住宅用の蓄電池システム「おうち給電システム」を開発した。ハイブリッドカー「プリウス」などで培った蓄電池の技術と車載部品などを活用しているという。

   2022年6月2日から先行予約を開始しており、8月からハウスメーカーや総合施工会社を通じて、日本国内で販売する。

  • トヨタの「おうち給電システム」(ホームページより)
    トヨタの「おうち給電システム」(ホームページより)
  • トヨタの「おうち給電システム」(ホームページより)

蓄電池→EVへの充電&EV→蓄電池への給電が可能

   トヨタによると、おうち給電システムは「トヨタの電池制御など電動車用バッテリーの技術を応用しており、電池の安全性を確保するとともに、8.7kWhの定格容量と5.5kWの定格出力を備え、平時だけではなく、災害などによる停電時にも家全体に電力を供給することができる」という。

   電力会社の割安な深夜電力を夜間に蓄え、昼間に利用することができる。さらに、自宅の屋根などに太陽光パネルを設置して自家発電を行なえば、晴天時に余剰電力を蓄電することで、夜間に使用することができる。

   しかも、プラグ・イン・ハイブリッドカー(PEV)や電気自動車(EV)を所有していれば、蓄電池からEV側に充電するのはもちろんのこと、EV側から蓄電池に余った電力を給電することもできる。太陽光発電と組み合わせ、天候など状況しだいではエネルギーの自給自足が実現する。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中