話題の「令和4年版 男女共同参画白書」を読む(1)...「晩婚化」以上に「未婚化」への危惧 安心して結婚できる雇用環境、支援策を(鷲尾香一)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「20~39歳の未婚男性のうち40%近くが、これまで恋人がいたことがない」という内閣府の調査結果が、さまざまなメディアに取り上げられて話題となった。

   ただ、それらの取り上げ方は興味本位の断片的なものでしかなく、その問題点を指摘していないものも多い。そこで、この調査で関連するところを取り上げ、問題点を指摘したい。

  • 「令和4年版男女共同参画白書」に注目(写真はイメージ)
    「令和4年版男女共同参画白書」に注目(写真はイメージ)
  • 「令和4年版男女共同参画白書」に注目(写真はイメージ)

40~54歳の男性23.5%、女性13.2%「恋人いたことない」

   内閣府は2022年6月14日、「令和4年版 男女共同参画白書」と「令和3年度 人生100年時代における結婚・仕事・収入に関する調査報告書」を発表した。

   この中で、調査項目の1つとして結婚に対する意識調査が行われている。

   まず、未婚者に対して現在の配偶者(事実婚・内縁)の有無などを調査しており、それによると20代男性の65.8%、20代女性の51.4%が「配偶者・恋人はいない」と回答している。

   「配偶者・恋人はいない」は男性の場合、30代で35.5%、40代で28.4%に、女性は30代で27.0%、40代で22.1%に減少するにだが、それでも未婚者の30代、40代では男性の約3割、女性の約2割という比率で「恋人と呼べる存在がいない」という結果が出ている=表1

   男女とも高い比率で「恋人と呼べる存在がいない」との結果が出たため、未婚者に対して、「これまでの恋人の数」を調査した。その結果、20~39歳の男性の37.6%に「恋人がいたことがない」という衝撃的な事実が判明し、多くのメディアが取り上げるに至った。

   もちろん、いわゆる結婚適齢期の20~39歳の男性37.6%に「恋人がいたことがない」というのも衝撃的だが、20~39歳の女性も24.1%も「恋人がいたことがない」という結果が出ている。

   それよりも驚いたのが、40~54歳の男性の23.5%、女性の13.2%が、「恋人がいたことがない」と回答していることだ=表2

   これは、「晩婚化」が進んでいるのではなく、「未婚化」が進んでいることを表していると言えそうだからだ。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
姉妹サイト