2023年 6月 5日 (月)

ようやく底見えたか?コロナ禍で苦戦の「メークアップ用化粧品」需要回復へ インバウンド再開でも期待

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの感染拡大が始まって以降、苦戦を強いられる商品の代表と言われてきた口紅などメークアップ用化粧品に回復の兆しが見えている。

   小売店などは引き続き慎重な見方が強いものの、2022年6月からはインバウンド(訪日外国人観光客)の受け入れが再開され、コスメ業界の期待は高まるばかりだ。

  • メークアップ用化粧品に回復の兆し(写真はイメージ)
    メークアップ用化粧品に回復の兆し(写真はイメージ)
  • メークアップ用化粧品に回復の兆し(写真はイメージ)

マスク着用のため、口紅やチークつけない場面が多かった

   「少しおしゃれをして出かけようという声が聞かれるようになった」と指摘するのは、老舗百貨店の松屋銀座(東京都中央区)だ。2022年5月の同店の化粧品の売り上げは前年同月比50%増に達した。とくに、口紅やアイシャドーなど鮮やかな色のカラーメークの需要が高まっているという。

   松屋銀座はこの動きを受け、6月から化粧品の買い替え需要を促すキャンペーンを開始した。長く使わずにいた化粧品の劣化を気にする女性が多いと見て、口紅やファンデーションなどを店内で回収し、クレヨンにリサイクルする取り組みを6月末まで続ける計画だ。

   コロナ禍が始まった20年春以降、感染防止のためテレワークやオンライン授業が広がり、多くの女性たちは化粧をしなくなった。とくに、口紅やチークはマスクを着けるとこすれ落ちてしまうため、たまに外出する時でも口紅などはつけない人が増えた。

   調査会社インテージによれば、口紅などのメークアップ用化粧品の20年の市場規模は前年比27%も減少したという。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中