2024年 6月 15日 (土)

夏、ビアガーデン3年ぶり続々再開...東京、大阪、名古屋で 感染対策も万全&屋内の飲食より安心感

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルスの影響で中止されてきた各地のビアガーデンがこの夏、3年ぶりに続々とオープンしている。

   ワクチン接種が普及し、感染状況も比較的落ち着いて、政府などから行動制限も求められていないことから、百貨店や飲料メーカーなどが相次ぎ再開に踏み切っている。

   今年は梅雨明けが早く、猛暑の夏になるとみられており、ビールを片手に笑顔を取り戻す人も増えそうだ。

  • ビアガーデンが3年ぶり復活の朗報(写真はイメージ)
    ビアガーデンが3年ぶり復活の朗報(写真はイメージ)
  • ビアガーデンが3年ぶり復活の朗報(写真はイメージ)

渋谷・東急本店のビアテラス、今年で「最後」も注目

   「渋谷に夏が戻ってきた!」と呼びかけるのは、東急百貨店本店(東京都渋谷区)だ。名物の屋上ビアテラスを3年ぶりにオープンした。もともと、落ち着いた雰囲気が女性客を中心に人気で、今回は女性にも喜ばれそうな鎌倉野菜を使った上質なメニューなどを準備した。

   同本店は老朽化と再開発により2023年1月で営業を終了するため、最後のオープンは何とか実現できたかたちで、長年のファンも足を運んでいるようだ。

   夏の風物詩でもある、銀座の百貨店屋上のビアホールも営業を再開している。

   松屋銀座本店(同中央区)が3年ぶりに開催に踏み切ったビアガーデンは、感染対策のため完全予約制だ。コロナ禍の中で深酒を慎み、「適量飲酒」の傾向が強まっているとして、アルコール度数が低い「微アル」やノンアルコールの飲料の種類も増やしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中