2024年 4月 21日 (日)

「時短勤務、昇格できないのは不公平!」女性の投稿に大激論 「退社後、部下がトラブル起こしたら責任とれる?」「私、時短でも昇格した」...専門家に聞いた(2)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「時短勤務者が昇格できないのは不公平!」。こんな女性の投稿が炎上気味だ。投稿者は勤続19年、会社に尽くしてきたという自負がある。

   しかし後輩が次々と昇格するのに、自分を含めた時短勤務者は役職につけないでいる。「時短は人数にカウントしていない」とまで職場で言われて怒り心頭だ。

   この投稿には「昇格したければフルタイムで働いたら?」「先に退社した後に職場でトラブルがあったら、責任とれるの?」という反発がある一方、「私は時短でも昇格できた!」という応援エールも寄せられ、論争がアツイ。専門家の裁定は――。

  • 時短だと昇格難しい?(写真はイメージ)
    時短だと昇格難しい?(写真はイメージ)
  • 時短だと昇格難しい?(写真はイメージ)

「寛容なだけの対応、子育てママのパフォーマンス悪化」の事例も

   <「時短勤務、昇格できないのは不公平!」女性の投稿に大激論 「退社後、部下がトラブル起こしたら責任とれる?」「私、時短でも昇格した」...専門家に聞いた(1)>の続きです。

――論争の背景には、時短勤務者がいったい昇格できるのか、つまり管理職につけるのかという働き方の問題がありますが、川上さんが研究顧問をされている働く主婦層の実態をしらべている『しゅふJOB総研』で、このテーマに関係した調査をしたことがありますか。

川上敬太郎さん「家庭の制約がある主婦層に上司は仕事の成果を求めるべきかというテーマで、『父親であることを楽しもう』という活動をしているNPO法人ファザーリング・ジャパンと合同で調査を行ったことがあります。

◇家庭の制約がある主婦層に上司は仕事の成果を求めるべきか

その結果、上司側も主婦層側も、ともに『成果を求めるべきだ』と思っている人が9割前後に及びました。フリーコメントを見ると、主婦層から『時短では誰よりも集中して効率よくやることを求められて当然』『成果を求められない存在なんて社員として在籍している理由がない』といった意見がありました。
また、上司側からも『弊社には、寛容なだけの対応をした子育てママのパフォーマンスが大きく悪化した事例がある』『仕事は成果を求めるもの。個々のパフォーマンスを最大限に高めるよう努力すべきという点では、子育て中や介護中などのワケあり社員であろうとそうでなかろうと、同じことだ』といった意見が寄せられました。
職場では、家庭からの制約を受けるか否かに関わらず、仕事の成果を求める意識が働いていると思います。その前提に立つと、投稿内容を見る限り、昇格を望む投稿者さんが言及しているのは勤務年数に関することであり、どんな成果を出したのかが示されていないことには違和感を覚えます」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中