2024年 5月 19日 (日)

「時短勤務、昇格できないのは不公平!」女性の投稿に大激論 「退社後、部下がトラブル起こしたら責任とれる?」「私、時短でも昇格した」...専門家に聞いた(1)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「時短勤務者が昇格できないのは不公平!」。こんな女性の投稿が炎上気味だ。投稿者は勤続19年、会社に尽くしてきたという自負がある。

   しかし後輩が次々と昇格するのに、自分を含めた時短勤務者は役職につけないでいる。「時短は人数にカウントしていない」とまで職場で言われて怒り心頭だ。

   この投稿には「昇格したければフルタイムで働いたら?」「先に退社した後に職場でトラブルがあったら、責任とれるの?」という反発がある一方、「私は時短でも昇格できた!」という応援エールも寄せられ、論争がアツイ。専門家の裁定は――。

  • 時短だと昇格難しい?(写真はイメージ)
    時短だと昇格難しい?(写真はイメージ)
  • 時短だと昇格難しい?(写真はイメージ)

長年、「会社に尽くしてきたのに」!

   話題になっているのは女性向けサイト「発言小町」(2022年7月16日付)に載った「時短勤務は昇格認めてもらえない」というタイトルの投稿だった。

   投稿者は時短勤務の女性。20歳の時から19年間、正社員として勤めているという。4年前に親会社が変わり、組織は新しくなったが、働く場所や仕事内容は同じだ。前の組織にいるときは10年ぐらいフルタイムで働いたが、出産後復帰してからは時短勤務に変わった。役職はついていない。

「私より後輩だった人が皆昇格していくなか、私はずっと役職がつかないまま現在に至ります。(中略)会社は細かく役職が分かれていて、何年かするとすぐにステップアップするのですが、私は20歳の時から合計19年間勤務して、ここまで会社に尽くしてきたのに、それを認めてくれないのだ、という気持ちでとても悲しくなり、不公平で不快な気持ちです」
昇格したら部下を指導したい(写真はイメージ)
昇格したら部下を指導したい(写真はイメージ)

   会社との面談の時、「私は通算19年働いていますが、まだ役職つかないのですか?」と聞くと、「新しい組織になってからはまだ3年でしょ?」などとはぐらかされた。しかし、3年でも後輩はステップアップして役職についている例もある。また、ほかの時短勤務者たちは、スタッフのまま役職についていないようだ。

「ほかの時短のママさんに聞いても、私も頑張っているけど役職つけてもらえないと言っていました。会社は認めてくれないし、不満で爆発しそうです。同じ(勤務)場所の人は、シフト作る時に時短は人数にカウントしないと言っていたそうです。私も皆さんと同じように忙しいのに雑用と普通の仕事もこなし、帰って子どものご飯を作り、座る瞬間はご飯食べる時と寝る前だけです」

   こう投稿者は憤るのだった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中